鉄拳さんの新作パラパラ漫画『大井の帝王』を11月17日(土)から公開!〜騎手界のレジェンド・的場文男騎手7,152勝までの軌跡〜

11月18日(日)10時40分 PR TIMES

的場文男騎手 地方競馬通算最多勝利新記録達成記念

東京シティ競馬(大井競馬場)は、今年8月12日に地方競馬通算最多勝利新記録である7,152勝を達成した、ジョッキー界のレジェンド・的場文男騎手の偉業をたたえ、数々の感動作を生み出してきたお笑い芸人の鉄拳さんによるオリジナルパラパラ漫画『大井の帝王』を11月17日(土)から公開します。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=GxQlln8lVS4 ]



[画像1: https://prtimes.jp/i/39442/2/resize/d39442-2-970773-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/39442/2/resize/d39442-2-710979-4.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/39442/2/resize/d39442-2-340654-5.jpg ]

鉄拳さんが初めて競馬をテーマに手掛ける本作品のタイトルは、的場騎手の愛称でもある『大井の帝王』。前人未到の大記録達成を果たし、62歳を迎えた現在もトップジョッキーとして走り続ける的場騎手の人生を1,338枚のパラパラ漫画に凝縮しました。

馬に乗る楽しさを覚えた故郷での幼少時代、ジョッキーに憧れ上京した少年時代、挫折を味わったデビュー時代と、いつの時代も優しく、時には厳しく的場騎手を応援し続けたのが、今は亡きお兄さんでした。そんなお兄さんへの想いを胸に、挫折や怪我を乗り越えて日本を代表するジョッキーとなっていく道のりを、競馬のレースに見立て疾走感たっぷりに描きます。

また、若き的場騎手が目標にしていた競馬場から見える富士山や、本人がベストレースとしている武豊騎手との競り合いを制した1997年の帝王賞など、的場ファンならニヤリとするポイントもちりばめた必見の作品となっています。


●鉄拳さんからのコメント
的場さんの、がむしゃらに諦めない姿勢が素晴らしく、また新記録に向けて頑張っている姿にも励まされながら、楽しく描けました。

●鉄拳さんプロフィール

[画像4: https://prtimes.jp/i/39442/2/resize/d39442-2-881400-1.jpg ]


長野県大町市出身。
お笑い芸人。パラパラ漫画家。
1997年にお笑い芸人として活動をはじめ、2012年よりパラパラ漫画制作を開始。代表作『振り子』ほか、アーティストのPVや企業CMなどで次々に発表し人気を集めている。
2013年に発表した『家族のはなし』が岡田将生主演で実写映画化され11月23日から全国公開。

●的場文男騎手プロフィール

[画像5: https://prtimes.jp/i/39442/2/resize/d39442-2-996376-0.jpg ]


所属厩舎:東京都騎手会
星座・血液型:おとめ座 A型
身長・体重:165cm 50kg
服飾:赤,胴白星散らし

略歴:
1956年 9月7日 福岡県大川市に生まれる
1970年 騎手になるために上京
1973年 10月16日 初騎乗(大井 ホシミヤマ号)、11月6日 初勝利(大井 ホシミヤマ号)
1983年 初の大井競馬リーディング(129勝)に輝く。その後1985〜2004年まで20年連続でリーディングを獲得。
1997年 6月24日 帝王賞で交流GI初勝利(コンサートボーイ号)
2005年 3月10日 レース中、落馬した前の馬に蹴られて顎を複雑骨折身体障害者7級の認定を受ける
2007年 2月16日 騎乗馬に蹴られて左脾臓と左腎臓損傷の大怪我、生死の境をさまよう。4月16日 復帰初戦の大井競馬第1レースで勝利
2018年 3月27日 地方競馬通算騎乗数を40,202回とし日本記録を更新。“日本一馬に乗った騎手”に
2018年 8月12日 地方競馬通算勝利数を7,152回とし日本記録を17年ぶりに更新
2018年 9月19日 東京記念を勝利し、自身の持つ最年長重賞勝利記録を62歳12日に更新

●パラパラ漫画『大井の帝王』URL:

【YOUTUBE】
フルバージョン 
https://youtu.be/GxQlln8lVS4
ショートバージョン 
https://youtu.be/5Ct6pscKkmo

【的場文男騎手特別サイト】
http://www.tokyocitykeiba.com/special_page/matoba7152/

PR TIMES

「騎手」をもっと詳しく

「騎手」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ