「d払い」が電子マネー「iD」による「かざす」決済に対応

11月19日(火)12時0分 MONEYzine

 ドコモの「d払い」で、電子マネー「iD」を使ったスマホをかざす決済方法が利用可能になる。


 ドコモは、実店舗で「d払い」を使う際に、バーコードやQRコードを「見せる」「読み取る」決済方法に加えて、電子マネー「iD」による「かざす」決済方法も提供する。


 第一段階として2019年11月19日から、電話料金合算払いで「iD」決済ができる、ドコモのAndroidスマートフォン向けの決済サービス「dカード mini」を「d払い」に統合し、ドコモのAndroidスマートフォン利用者が「d払い」で、「iD」の「かざす」決済を可能にする。アプリやウェブサイトなどでは、この決済方法を「d払い(iD)」と表記する。


 「d払い(iD)」を利用するためには、別途「iD」アプリからの申込み・設定が必要。現在「dカード mini」を利用している人は、そのまま「d払い(iD)」としてサービスを使うことができる。


 第二段階では、「d払い」のウォレット残高を利用した決済に対応することで、他社のスマートフォンを利用している人にも利用を拡大。また、iOS向けにも「d払い(iD)」を提供する。


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

ドコモ「d払い」にウォレット機能、アプリから月額20万円まで送金可能に

セブン‐イレブンで「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」「楽天ペイ」が10月から利用可能に

現金・クレカ・非接触型・QRコードのうち、決済がいちばん速いのは?【JCB調べ】

MONEYzine

「電子マネー」をもっと詳しく

「電子マネー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ