鉄道の定期券を考慮した経路検索が可能に!Android版「駅すぱあと」、「鉄道定期券」の新機能をリリース

11月20日(月)14時0分 @Press

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田信夫)は2017年11月20日(月)、Android向け乗り換え案内アプリ「駅すぱあと for Android」ver.3.12.0にて、鉄道の定期券情報を登録すると、定期券の利用区間を考慮した経路検索・運賃計算ができる新機能「鉄道定期券」をリリースします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143525/img_143525_1.png

■概要
このたび、通勤や通学で定期券を利用されている方向けに、鉄道定期券の登録および利用区間を考慮した運賃計算ができる新機能「鉄道定期券」を、「駅すぱあと for Android」のプレミアム(有料)機能として新たにリリースします。利用する鉄道定期券を登録すれば、鉄道定期券を考慮した経路検索結果が表示できます。

2016年に男女2,321人を対象に実施したアンケート調査によると、10〜60代の3割以上が6ヶ月定期券を購入しており、10〜20代の2人に1人が「定期券の範囲を考慮して外出先を決める」ことがわかりました。このニーズに対応するべく、本機能を開発しました。

ヴァル研究所では、今後も利用者のニーズに沿ったサービスや、日常生活の移動でより便利にお使いいただける機能の企画・開発を行ってまいります。

「駅すぱあと for Android」ストアURL:https://app.adjust.com/ca9mtj

■「鉄道定期券」利用手順例
<鉄道定期券の登録>
1. 「経路検索」画面で「出発地」「到着地」に鉄道駅を入力して検索します。
2. 経路検索結果一覧から利用する経路をタップします。
3. 経路詳細画面右下の丸い「+」ボタンを押し、「鉄道定期券登録する」をタップします。
4. ポップアップで表示された内容を確認し、「登録」をタップします。
5. 鉄道定期券の登録完了です。

※「鉄道定期券」機能で登録可能な定期券は鉄道のみを利用したものに限ります。また、複数の定期券を登録することはできません。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/143525/img_143525_6.png
鉄道定期券の登録の画面イメージ

<定期券区間を考慮した経路検索>
1. 「経路検索」画面で「出発地」「到着地」を入力して検索します。
2. 検索結果に登録した定期券区間が含まれる場合、その区間の金額を除いた運賃で経路検索結果一覧が表示されます。
3. 経路詳細画面では、画面上部に表示される金額部分をタップすると、運賃の内訳が閲覧できます。また、定期券区間が経路の途中に挟まる場合、経路中に「定期区間開始」や「定期区間終了」が表示されます。

※経路中に定期券区間があった場合に運賃考慮する機能です。必ず定期券区間を通過する経路を表示するものではありません。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/143525/img_143525_4.png
定期券区間を考慮した経路検索の画面イメージ

<登録した鉄道定期券の確認>
メニューから「Myメニュー」をタップし、「登録済み鉄道定期券」をタップすると、登録した鉄道定期券を確認・削除することができます。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/143525/img_143525_5.png

■「駅すぱあと for Android」ver.3.12.0について
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143525/table_143525_1.jpg


■乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」について
「駅すぱあと for iPhone」および「駅すぱあと for Android」は、iOS(watch OS含む)/Androidでそれぞれ提供している乗り換え案内アプリです。全国300以上のバス路線・JR・私鉄(地下鉄含む)・新幹線・飛行機・船などの情報と、「経路検索」「運行情報」「時刻表(鉄道・バス・新幹線・飛行機)」「路線図(鉄道)」「始発・終電検索」といった機能を搭載しています。
2017年11月時点で、両OS合わせて累計約800万ダウンロードを突破しました。

「駅すぱあと for iPhone」紹介ページ:https://ad-info.val.jp/lp/ekispert/iphone/
「駅すぱあと for Android」紹介ページ:https://ad-info.val.jp/lp/ekispert/android/

■株式会社ヴァル研究所について
1988年にMS-DOS版の経路検索システム「駅すぱあと」を発売して以降、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースにさまざまな法人向け、個人向け製品・サービスを展開しています。
主力となる法人向けでは、通勤費管理/申請システムやビジネス・サポートサービス「RODEM」などを提供しており、12万社以上を顧客に持ちます。また、近年は「駅すぱあと」の膨大なデータや機能をAPIとして提供し、企業・団体との共創・コラボレーションに取り組んでいます。

商号 :株式会社ヴァル研究所
代表取締役:太田 信夫
所在地 :東京都杉並区高円寺北2-3-17
設立年月日:1976年7月26日
資本金 :4,100万円
企業サイト:https://www.val.co.jp/


※記載されている会社名、製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
※仕様や提供内容については予告なく変更となる場合があります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

この記事が気に入ったらいいね!しよう

鉄道をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ