ポルシェが民家の2階に突っ込む珍事故 スピード超過で縁石に乗り上げ大ジャンプするバッドミラクル

11月20日(水)11時47分 ねとらぼ

事故があった民家。米ニュージャージーでポルシェが民家の2階に突っ込む珍事故が起きて話題に。

写真を拡大

 アメリカのとある町で、道路を走っていたポルシェが民家の2階に突っ込む事故が発生。「どうしてこうなった?」と海外で注目を集めていました。
 事故があったのは米ニュージャージー州トムズリバー。11月10日の午前6時34分ごろ、現地警察に事故を知らせる連絡があり、警官たちは市内を南北に走る主要道路の1つ「フーパー・アヴェニュー」の現場へ向かいました。
 事故現場に到着した警官たちの目の前には、なぜか2階の外壁が崩れ落ちた民家。交通事故と聞いてやってきた警官たちは困惑しますが、崩れ落ちた外壁の向こうにポルシェの姿を発見して、すぐに事態を飲み込みました。
 なぜこんな事故が起きたのか。現地警察の発表によると、ポルシェを運転していたドライバーは当時、北部へ向かって走行していましたが、スピード超過でコントロールを失って道路脇にある縁石に乗り上げてしまったそうです。その時に悪い意味でミラクルが起きてしまい、コントロールを失うほどの速度の乗ったポルシェは近くにあった民家の2階に突っ込むほどの大ジャンプを決めてしまったそうです。
 この事故で突っ込まれた民家の部屋は無人で、けが人はいなかったそうですが、ポルシェに乗っていた2人の死亡が伝えられています。また、警官たちは自分たちの手に負えないと、消防隊や特殊部隊を呼んで、道路を約7時間も封鎖する大規模な撤去作業を行い、同日昼過ぎにポルシェは撤去されたそうです。

ねとらぼ

「ポルシェ」をもっと詳しく

「ポルシェ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ