世界が注目!食肉革命!サスティナビリティフード【クリーンミート】日本初上陸!

11月20日(火)9時40分 PR TIMES

【1、持続的な生産可能。プラントベースの植物性肉】
クリーンミートは見た目も味も食感も動物性の肉と遜色がありませんが、「プラントベース」で作られた植物性肉です。
海外では既に新たな肉のジャンルとして確立されつつあり、持続的な生産可能な食品として注目されています。
またヘルシー、低脂質、コレステロールフリーなので、健康意識の高い人達にも絶大な支持を集めています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/32805/5/resize/d32805-5-298578-0.jpg ]



(サスティナブルとは?)
サステナブル(Sustainable)、サステナビリティ(Sustainability)とは、「地球環境・社会・人間の持続可能な発展」を意味します。


【2、近年の家畜生産が巻き起こす環境問題とは?】

(環境問題)
家畜の中でも特に牛は計り知れないほどの食物、水量、広大な土地を必要とします。(最大で牛1頭あたり年間およそ4万1,600kg)
牛の消化活動によるメタン排出は地球温暖化にも繋がります。家畜による二酸化炭素の排出量は交通インフラ全体よりも多いとされております。


(食糧不足)
2050年までに急激な人口増加により全世界の食糧危機問題が挙げられています。
そんな状況下にありながら現在も、人間ではなく家畜に飼料を与えるために貧困の国が食料不足に陥っている現状があります。

(健康面)
昔の日本では生まれていなかった様々な病気などは動物性食品の過剰摂取も一因となっております。
肥満や高血圧なども同様なことが言えます。鳥インフルエンザなど病原菌の問題も同様に言えます。


(クリーンミートが家畜生産が巻き起こすあらゆる問題をクリーンに解決)
・環境問題
→動物性肉よりクリーンミートの需要が高まることで、効率的にエネルギーを供給が可能になり環境問題が解決されます。
クリーンミートはまさに食べるECOとも言えます。

・食糧問題
→家畜に必要な土地や飼料を人間に回すことが出来るので食糧問題も解決します。また持続的な生産可能な食品なので
長期的に対応することが出来ると言えます。

・健康問題
→植物性なのでコレステロールフリー、低脂質です。そして高タンパクで食物繊維も豊富です。
ダイエットや食事制限にも最適な食材と言えます。現代人の食生活では野菜の摂取量が不足気味と言えます。
クリーンミートは植物性で製造されているのでサラダを食べるよう感覚でお肉の満足感を得ることが出来ます。
人の酸性に偏りがちなカラダ環境をクリーンに整えます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/32805/5/resize/d32805-5-966120-1.jpg ]



【3、次世代を担うミレニアル世代とジェネレーションZ世代】
「デジタルネイティブ」とも言われるこの世代は、生まれた時にはパソコンやスマートフォンが普及していた世代で、
世界中の情報をインターネットを通じて情報を得ているので、上の世代と比べてかなりグローバルな思考を持っていると言われています。
特に他の世代と比べて社会的課題への意識が高いです。
世界経済フォーラムの調査によると「Z世代」の87%が社会や環境問題に関心があることが明らかになっています。
また、平等の意識から社会活動に参加する人も多く、個人だけでなく企業も社会や環境などの課題に対して積極的に取り組むべきだと考えています。
またフォーブス誌のデータによると、意識的に食肉の摂取を減らしている人達は80%にも及びます。


これからの世代の意識変化が巻き起こす、次世代のスタンダードミートです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/32805/5/resize/d32805-5-576314-2.jpg ]



【会社概要】

会社名 : 株式会社ベジタリアンブッチャージャパン

所在地 : 東京都豊島区西池袋3-29-9 C3ビルB1F

代表者 : 村谷 幸彦

TEL   : 03-6427-5089

FAX  : 03-5904-8791
URL  : http://www.veganmeat-vegetarian-butcher-jap.com

※HPリニューアルの為、11月26日以降はURLが変更になります。

http://www.thevegetarian-butcher-jap.com


事業内容:飲食関連事業、輸入販売関連


【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社ベジタリアンブッチャージャパン
担当者    :望月大
メールアドレス: motizuki@veganmeat-vegetarian-butcher-jap.com


11月26日以降は担当者メールアドレスが変更になります。mochizuki@thevegetarian-butcher-jap.com

[画像4: https://prtimes.jp/i/32805/5/resize/d32805-5-777257-3.jpg ]

PR TIMES

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ