サンクトガーレン、焼りんごビール「アップルシナモンエール」のクリスマス限定ラベルを11月20日(火)発売。ホットビールにしても楽しめる甘くスパイシーな味わい

11月20日(火)10時40分 PR TIMES

サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本伸久)は500個の焼りんごを使用した秋冬限定ビール「アップルシナモンエール」のクリスマス限定ラベルを2018年11月20日(火)より期間限定で販売します。
https://www.sanktgallenbrewery.com/xmas/
サンタクロースが大きなカブならぬ大きなリンゴを引っ張るイラストとともに、「Merry Christmas」のメッセージが描かれています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/25081/24/resize/d25081-24-734306-0.jpg ]


【クリスマスとリンゴの関係】
諸説ありますが、クリスマスツリーの発祥の地ドイツでは最初にクリスマスツリーとして使われたのはリンゴの樹だと言われています。しかしリンゴの樹は冬になると葉が落ちてしまうため、代わりに常緑樹のモミの樹が伝われるようになっていきます。今でもクリスマスツリーにリンゴの果実が飾られているのは、リンゴの樹がクリスマスツリーに使われていた名残ということです。


【500個の焼りんごをつくるところから手づくりです】

[画像2: https://prtimes.jp/i/25081/24/resize/d25081-24-876824-2.jpg ]

アップルシナモンエールは“カラメルモルト”を特徴的に使用した琥珀色のビールです。“カラメルモルト”は通常のビールに使う麦芽(モルト)をトーストのように軽く焦がしたもので、そのまま食べてもカラメルのような甘く香ばしい味がし、ビールにも同様の風味をもたらします。


[画像3: https://prtimes.jp/i/25081/24/resize/d25081-24-388885-3.png ]



そこに焼りんご・シナモン・メープルシュガーを加え、アップルパイのような風味に仕上げています。使っているリンゴは長野県伊那市の“はねだし”リンゴです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/25081/24/resize/d25081-24-708192-4.png ]



1回の仕込みには約500個のリンゴを使用。それを地元の製パン店で焼くところから手作りです。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=MDBfKOBWdg0 ]



このビールは通常のビールと同じように冷やしてはもちろん、温めてホットビールにしても美味しく楽しめます。
公式サイト内で美味しいホットビールの作り方レシピを公開しています。
http://www.sanktgallenbrewery.com/news/hotbeer.html



商品概要


[画像5: https://prtimes.jp/i/25081/24/resize/d25081-24-436412-1.jpg ]

【商品名】アップルシナモンエール クリスマスラベル(発泡酒)
※このビールには酒税法で認められている以上の量の果物を使用しているため、日本では“発泡酒”扱いとなります。麦芽率は高いので税率はビールと同じです。
【内容量】330ml
【希望小売価格】429円(税抜)
【販売場所】当社Webショップ、のもの秋葉原店(JR秋葉原駅中央改札横)他
【販売期間】クリスマスラベルは11月20日(火)〜12月末まで販売
※アップルシナモンエールの通常ラベルは2018年9月27日(木)〜2019年3月末まで販売

<樽生で楽しむことも出来ます>

●Bakery&Beer Butchers (ベーカリー アンド ビア ブッチャーズ)
2018年春、本厚木にオープンしたシャルキュトリー工房とパン工房を併設したビアレストラン。朝8時のモーニングから、ランチ、ディナーと1日中サンクトガーレン三昧出来るお店です。
住所:神奈川県厚木市中町2‐7‐16 内田ビル1F(アクセス:小田急線 本厚木駅 徒歩5分)
電話:046-259-9125
営業時間:8:00〜22:00(ラストオーダー)
Facebook:https://www.facebook.com/BakeryBeer-Butchers-954239458091141/
Instagram:https://www.instagram.com/bbbutchers2018/

●2018年11月23日(金・祝)〜25日(日) 
インテックス大阪「大阪マラソンEXPO 2018うまいもん市場」サンクトガーレンブース
http://www.osaka-marathon.com/2018/expo2018/outline/

※他のボトル販売店、樽生で飲めるお店・イベントは随時公式サイトで公開していきます。


サンクトガーレンとは



[画像6: https://prtimes.jp/i/25081/24/resize/d25081-24-123748-7.png ]

http://www.sanktgallenbrewery.com/

サンクトガーレンは日本で地ビールが解禁する以前より、クラフトビール(地ビール)激戦区のアメリカでビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため、業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の“ラガー”とは製法も味わいも対極の“エール”一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、一升瓶ビール、バレンタイン限定チョコビール、ボジョレーヌーボーと同時解禁する麦のワインなど数々の個性的なビールを製造販売しクラフトビールの魅力を広く発信しています。

Twitter  : https://twitter.com/SanktGallenSHOP
Facebook : https://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
Google+ : https://plus.google.com/+Sanktgallenbrewery/
Instagram : https://www.instagram.com/mikisanktgallen/

PR TIMES

「ビール」をもっと詳しく

「ビール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ