女性が好むラッキーカラー 圧倒的1位はピンク! 色にこだわる物の1位は、化粧アイテムという結果に

11月20日(水)15時35分 PR TIMES

株式会社メディプラス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木敬)は、グループ会社である株式会社メディプラス研究所の「ココロの体力測定2018・2019」データをもとに、女性が好むラッキーカラーと色にこだわる物についての傾向を分析しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/18482/172/resize/d18482-172-732907-8.jpg ]




エビデンス❶


[画像2: https://prtimes.jp/i/18482/172/resize/d18482-172-973217-1.jpg ]

女性が好むラッキーカラー傾向
女性が好むラッキーカラーの1位は「ピンク」となりました。2位のブルーに1.3倍の差をつけ、圧倒的な支持を得ています。次いで3位以下はオレンジ、レッドと暖色系が続き、5位にグリーンという結果です。フォーマルカラーとして無難な、ホワイト、ゴールド、ブラックは上位5位には入らず、6位以下という結果となりました。


エビデンス❷


[画像3: https://prtimes.jp/i/18482/172/resize/d18482-172-641442-7.jpg ]

色にこだわる物は何?
女性が色にこだわる物では、1位が「化粧アイテム」、2位財布、3位バッグ、4位スマートフォン・携帯電話という結果になりました。
上記4位までは日頃持ち歩くものという特徴の中で、5位以下の食器、下着の色、寝具などプライベートな空間を意識している結果となりました。

参照データ:https://mediplus-lab.jp/contents/detail/7487/

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/18482/table/172_1.jpg ]



女性が好むラッキーカラーは対人的にも効果あり!?
今回の調査から、女性のラッキーカラーとして主に暖色系カラーが人気で、特に「ピンク」「オレンジ」「レッド」が好まれる傾向があり、色遣いにこだわる物として、化粧アイテムが最も多くあげられることがわかりました。

ピンクは「愛・幸福」を示す色。安らぎやリラックス感を与え、女性ホルモンの活性化・アンチエイジング効果を高め、女性の心を癒すカラーとされています。対人的にも、親しみを持たれる、話しかけやすいなど好印象を与える傾向があり、第一印象としてのハードルをひとつ下げてくれる働きがあるようです。また、オレンジは「健康・親しみ」を示す色。自然で直情的な陽気さを与え、対人的にも人を惹きつける働きがあり、レッドは「エネルギー・情熱」を示す色として、精神的に刺激を与えて、対人的にも力を与える働きがあるようです。

メディプラスの2019年BBコフレは「ピンク」「オレンジ」「レッド」の暖色要素を取り入れ、パッケージデザインや色選びにもこだわりました。寒い時期に暖色カラーで自身も潤いつつ、対人的にも「肌もここちも、楽ちんに。」なれるように仕上げています。自身のラッキーカラーとしてだけでなく、対人的な意識もしつつ、色を纏うようにしてはいかがでしょうか!


商品概要


[画像4: https://prtimes.jp/i/18482/172/resize/d18482-172-461239-4.jpg ]

アイテム名(1):クリーミィBBルージュ ピンク/オレンジ
価格:2,700円(税抜)
容量:3g
無添加処方(無配合):パラベン、フェノキシエタノール、アルコール(エタノール)、石油系界面活性剤、合成香料
取り扱いサイト:https://mediplus-orders.jp/items/creamy-bb-rouge

[画像5: https://prtimes.jp/i/18482/172/resize/d18482-172-342421-3.jpg ]

アイテム名(2):レアパクトBB *2019年限定パッケージ
価格:4,400円(税抜)
容量:12g【約2ヵ月〜3ヵ月分】
SPF/PA:SPF35 / PA+++
備考:コンパクト、スポンジ付
無添加処方(無配合):パラベン、フェノキシエタノール、アルコール(エタノール)、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤
取り扱いサイト:https://mediplus-orders.jp/items/rarepactbb

参照データ:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000170.000018482.html


ブランド情報


[画像6: https://prtimes.jp/i/18482/172/resize/d18482-172-913828-5.jpg ]

【国産スキンケアブランドMediplus(メディプラス)】
メディプラスは、健康で美しい肌づくりのために、肌と心の関係に着目しています。スキンケアブランドとして、肌をとりまく環境だけでなく、心をとりまく環境にも向き合い、肌と心のストレス性疲労*に着目した美容理論を基に商品を展開しています。ストレス性疲労*をオフすること、つまり自分と向き合う「セルフケア」の時間をつくることにより、心をリラックスさせ、そこから真に健康で美しい肌が生まれると考え、「毎日のスキンケア時間を通じて、ストレス性疲労*をオフしていく」=「ストレスオフ™で綺麗に」を提唱しています。

*ストレスが心身に蓄積し、自身のキャパシティを超過することで起こる疲労状態。


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/18482/table/172_2.jpg ]



■メディプラス公式オンラインショップ
・URL:http://brand.mediplus-orders.jp/

・【その他】サイト *一部商品展開
メディプラス公式Yahooショッピング店、メディプラス公式楽天市場店、メディプラス公式Amazon店

■商品取扱い店舗 *一部商品展開
・URL:https://mediplus.co.jp/shop/
全国のバラエティショップ(東急ハンズ、PLAZA、ロフトなど)約700店舗、玉造アートボックス 美肌マルシェ内(島根県)

■会社概要
会社名:株式会社 メディプラス
本社:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-6-1 恵比寿MFビル2階
代表者:代表取締役社長 鈴木敬
設立:2003年 8月
資本金:4,650万円
TEL:03-6408-5121
FAX:03-6408-5122
URL:http://mediplus.co.jp/
事業内容:オリジナル化粧品<メディプラス>の企画・開発・販売

PR TIMES

「株式会社」をもっと詳しく

「株式会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ