カーリースで人気な車種はどれ? MOTAカーリース申込車種ランキング【2020年10月版】

11月20日(金)16時46分 PR TIMES

新車の見積もりや値引き、カーリース、中古車の買取査定、中古車の購入問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行うサイトを運営する株式会社MOTA(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤 大輔)は、2020年10月MOTAカーリース申込者・申込車種の調査結果を発表した。

[画像1: https://prtimes.jp/i/32597/22/resize/d32597-22-635877-0.jpg ]

MOTAカーリース申込車種ランキング 2020年10月版 調査概要
調査内容: 申込者データ、MOTAカーリース申込車種ランキング
測定期間:2020年10月1日〜10月31日
調査方法:自社ツール調査 MOTAが運営するMOTAカーリースの申込者、申込車種件数を集計
調査対象:測定期間中にMOTAカーリースに掲載された車種
※株式会社MOTAが公表する全ての調査および集計結果は、株式会社MOTAが企画し、独自に調査・集計したものです。


MOTAカーリース申込状況


[画像2: https://prtimes.jp/i/32597/22/resize/d32597-22-999092-2.jpg ]

MOTAカーリースでは、最長11年のリースプランが選択できるなど、月々の支払いを低価格に抑えながら車を所有することが可能となっている。そのため、90.4%のユーザーが最長の11年で申込を行っている。


[画像3: https://prtimes.jp/i/32597/22/resize/d32597-22-542080-3.jpg ]

申込者の年代別グラフにも特徴が表れている。MOTAカーリースでは、月々の支払額が一律で頭金が不要なことから、20代からの申込が最も多かった。2020年9月は51件(26.4%)だったが、2020年10月では74件(33.9%)と7.5ポイントも上昇している。 また、30〜39歳の子育て世代など、乗車人数が増えたことで車を乗り換える必要があるが、できれば大きな出費を抑えたい、そんなユーザーに選ばれていることが分かった。

[画像4: https://prtimes.jp/i/32597/22/resize/d32597-22-526830-4.jpg ]

都道府県別申込数において、前回は8位だったが愛知県だが、2020年10月度では急上昇し2位となった。


2020年10月MOTAカーリース 申込数ランキングTOP10


[画像5: https://prtimes.jp/i/32597/22/resize/d32597-22-144879-5.jpg ]

1位:トヨタ ヤリス
2位:スズキ ハスラー
3位:トヨタ ライズ
4位:ダイハツ タント
5位:ホンダ N-BOX
6位:ホンダ N-BOXカスタム
7位:トヨタ アルファード
8位:ダイハツ ミライース
9位:スズキ スペーシア
10位:トヨタ ヤリスクロス

2020年10月のMOTAカーリース 申込数TOP3の詳細は以下の通り


1位 トヨタ ヤリスの特徴・月額


[画像6: https://prtimes.jp/i/32597/22/resize/d32597-22-619026-6.jpg ]

コンパクトカーならではの軽快なハンドリングという強みを活かしつつ、上質な乗り心地と最新の安全・安心技術を兼ね備えるヤリス。コンパクトカー向けのTNGAプラットフォーム GA-Bを初採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを実現。エンジンは、直列3気筒の1リッターと1.5リッター、1.5リッター+ハイブリッドの3種類を用意。中でも新開発「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」を採用した新世代ハイブリッドシステムは、力強くシームレスな走りとともに、クラス世界トップレベルとなるWLTCモード36.0km/Lの低燃費を実現している。

■現行モデル発売日:最新モデル(初代)2020年2月1日
■月額:1万9,200円(11年プランの場合)
■MOTAカーリース情報
https://autoc-one.jp/lease/search/toyota/yaris/?prSourceId=6&utm_source=MOTAsite&utm_medium=article&utm_campaign=link&utm_content=yaris


2位 スズキ ハスラーの特徴・月額


[画像7: https://prtimes.jp/i/32597/22/resize/d32597-22-986412-7.jpg ]

キャッチコピーは「遊べる軽」。遊び心溢れるデザインと、高い積載性が特徴の一台。オレンジやピンクなどのフレッシュなカラーリングも魅力的。内装には外装色と同じ色のパネルやシートパイピングを取り入れ、カラフルに演出している。後部座席は左右独立でスライド・折りたたみができるなど実用性も高い。アウトドアでの使用を想定した4WDグレードや、豊富なアクセサリーも見逃せないポイント。

■現行モデル発売日:最新モデル(2代目)2019年12月1日
■月額:1万5,700円(11年プランの場合)
■MOTAカーリース情報
https://autoc-one.jp/lease/search/suzuki/hustler/?prSourceId=6&utm_source=MOTAsite&utm_medium=article&utm_campaign=link&utm_content=hustler


3位 トヨタ ライズの特徴・月額


[画像8: https://prtimes.jp/i/32597/22/resize/d32597-22-707144-8.jpg ]

トヨタ アクアやヤリスと同じ5ナンバーサイズながら、直線を多様したガッシリとしたシルエットに、力強いフロントグリルなどを備え、タフな印象が強まったクロスオーバーSUVスタイルで、トレンド感と存在感を実現。 インテリアもエクステリア同様に水平基調でシンプルな構成となっており、コンパクトなSUVとして満足できる仕上がり。エアコンなどのスイッチ類の操作性も高い。室内は5ナンバーサイズでもしっかり広く、とくにラゲッジはコンパクトSUVトップレベルの369Lという大容量。

■現行モデル発売日:最新モデル(初代)2019年11月1日(現行モデル)
■月額:2万2,100円(11年プランの場合)
■MOTAカーリース情報
https://autoc-one.jp/lease/search/toyota/raize/?prSourceId=6&utm_source=MOTAsite&utm_medium=article&utm_campaign=link&utm_content=rise


[表: https://prtimes.jp/data/corp/32597/table/22_1.jpg ]



株式会社MOTAについて
1999年オートバイテル・ジャパンとして設立。新車見積もり仲介サービスを提供開始。 現在では加盟ディーラー店舗数4,000店舗、先月の見積もり依頼数66,665件と日本最大級の新車見積もりサイトとなっている。 2009年のサイトリニューアル以降では自動車メディアサイトとしても展開。 現在のアクセス状況は月間PV:50,000,000、月間ユニークユーザー数:4,000,000(2016年4月 - 2017年2月平均)。 新車、中古車、カー用品、自動車ニュース、車買取と自動車に関するサービスを一貫して取り扱っている。

【ご注意】本紙は報道用資料です。弊社の許可なく本資料に掲載されている情報や結果を広告や販促活動に転用することを禁じます。

PR TIMES

「値引き」をもっと詳しく

「値引き」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ