アクサルタ、日本の学生ラリーチーム「Team TODOROKI」のスポンサーとしてラリー・モンテカルロ・ヒストリック2019に参戦

11月21日(水)11時40分 PR TIMES

2018年11月21日、東京発 - 自動車塗料のグローバルサプライヤーであるアクサルタ(NYSE: AXTA)は本日、世界的なヒストリックカーレース、ラリー・モンテカルロ・ヒストリック2019に参加する日本のホンダ テクニカル カレッジの学生ラリーチーム「Team TODOROKI」のスポンサーを務めることを発表しました。

このクラッシックカーレースには、1955年から1980年のモデルが参戦できます。 「Team TODOROKI」は 2019年のレースに、1962年発売のトライアンフ・スピットファイアで参加する予定です。

「今年度もアクサルタ社からご支援を頂いてラリー・モンテカルロ・ヒストリックに出場する車両、トライアンフ・スピットファイアを仕上げる事ができました。多大なご支援に心から感謝申し上げます。このプロジェクトで学生達は、通常の授業では決して得られない貴重な体験をする事になります。ベース車両は、長い間に鉄板が腐食して穴が開いたり部品が欠損したりしています。板金塗装の授業は当校にはありませんので、どうしたら良いのか彼らは悩み、あれこれ試行錯誤したり、多くの方に話を聞いたりして技術を習得していきます。アクサルタ社は、未熟な彼らに塗装の基礎から、各種塗料の取り扱い方、安全管理に至るまで、大変丁寧に教えて頂きました。」と話すのはホンダテクニカルカレッジの豊田 剛先生です。

世界のSTEM*教育を支援するアクサルタはCSR(企業の社会的責任)の一環としてホンダテクニカルカレッジラリーチーム「Team TODOROKI」をサポートしています。

塗料の提供のみならず、スタンドックス(R)塗料、クラッシックカーに適した色彩開発とその調整を当社のカラーラボが担当し、宇都宮トレーニングセンターでは、復元前の実車状態の確認と学生が正しい塗装をマスターできるよう指導しました。

同チームは、トライアンフ・スピットファイアを美しく復元した後、現在は2019年1月末のラリー・モンテカルロ・ヒストリックに向けて準備を進めています。ラリーチームの学生は、ラリー期間中、トライアンフ・スピットファイアのメカニックおよびサポートメンバーとして参加する予定です。


*STEM教育 (Science/ Technology/ Engineering/ Mathematics)
[画像: https://prtimes.jp/i/6669/54/resize/d6669-54-638361-0.png ]



アクサルタコーティングシステムズ について

アクサルタは塗料に特化し、革新的、カラフルで、美しく持続可能なソリューションをお客様に提供する、世界をリードするグローバルカンパニーです。自動車OEM、商用車両、補修用アプリケーションから、電気モーター、ビル、パイプラインまで、私たちのコーティングは腐食防止、生産性の向上、コーティングした材料の長期品質保持に役立ちます。塗料業界で150年以上の歴史を持つアクサルタは、14,000人の従業員が世界130か国の10万人以上のお客様のために、最高のコーティング、アプリケーションシステムとテクノロジーを提供するために日々、尽力し続けています。詳しい情報は、www.axalta.com/jp と youtube アクサルタコーティングシステムズ をご覧ください。

PR TIMES

「スポンサー」をもっと詳しく

「スポンサー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ