MarkLogicとeyeforpharmaがレポートを発表: 将来の製薬R&Dでは新しいデータアーキテクチャが鍵となることが判明

11月21日(木)12時35分 PR TIMES

製薬業界のリーダーたちが、分断された社内外のデータを統合するためのベストプラクティスを共有。リサーチから市場化までの時間を短縮へ

複雑化するデータ統合をシンプルにするための次世代型データプラットフォームを提供するMarkLogic Corporation(https://jp.marklogic.com/)は本日、製薬会社の上級管理職、患者支援団体、健康に関するその他の専門家たちが意見を交換し、変化するトレンドや実践の最新情報を確認するためのハブのリーダーであるeyeforpharmaと共同で、データ共有の課題が将来の患者治療や医療費に及ぼす影響について製薬業界のリーダーたちから得られた知見をまとめたレポートを発表しました。

本レポート「Defragmenting Data for the Future of Pharma R&D」(未来の製薬R&Dのためのデータの分断解消)はeyeforpharmaと共同で作成されました。今日の製薬業界におけるイノベーションは、より短時間でインサイトを把握することを可能にし、製品を市場投入する期間を短縮しています。それにも関わらず、重要な革新につながる自社内のデータ共有が効率的だと考えている製薬会社の経営陣はわずか2%しかいないことが分かり、本レポートではその理由を説明しています。

製薬会社におけるデータ共有の阻害要因として本レポートが特定したものには、次のようなものがあります。

●現在のデータニーズ用に作られていないため、断片的なレガシーのデータアーキテクチャは柔軟性がなく使用が困難
●データが複数の場所にあり、それぞれが異なる標準形式となっていてハーモナイズもされていないため、アクセスや分析が困難
●データレイクでは、データの自動的なキュレーションやマスタリングができない
●Google的なデータのセマンティック検索では、医療における複雑な表現形式を扱えない
●患者のプライバシー、GDPR、セキュリティ、信頼性などの文化的な考慮事項

本レポートによると、データの非効率性によって、データの共有、コラボレーション、新しいナレッジの作成が阻害されるだけでなく、市場化や新規事業の遅延や業務改善への障害が発生します。

アッヴィ社でR&Dインフォメーションリサーチのバイスプレジデントを務めるフィリップ・ハイドゥク氏は以下のように述べています。「例えば、ファーマコビジランスにおいては発生した問題に対して化学データを関連付けたいですが、従来のデータベースが生み出された時点では誰もこんなことは考えていませんでした。これらのアーキテクチャでは、データに関する問いを扱うことができません。多くの場合、どうやったらこのような問いを扱えるのかすらはっきりしません」。

製薬会社はこれまでもデータ問題に取り組んできていますが、変化は散発的であり大規模かつ短期間での商用化対応が喫緊の課題となっています。

MarkLogicで業種戦略グループVPおよびヘルスケア&ライフサイエンス担当CSOを務めるビル・フォックスは、「特にR&Dにおけるサイロによって、製薬企業の活動が阻害されています。医薬品の市場投入にかかる時間が将来も今と変わらないとしたら、製薬会社はすぐに倒産してしまうでしょう。レガシー技術ではなく次世代のデータハブフレームワークを使った場合、2年間のプロジェクトが3〜6か月で完了する可能性があります」と述べています。

製薬データの専門家によると、臨床研究やリアルワールド環境から入ってくる大量のデータを統合することによって、疾病、治験、治療に関して重要な知見が得られる可能性があります。本レポートではアッヴィ、ベーリンガーインゲルハイム、ヤンセン、MarkLogic、サノフィのリーダーたちの知見に基づき、新しく活用可能になったデータの潜在力を実現するための重要なガイドラインを提供しています。ガイドラインには、次のようなものがあります。

●データの品質、アクセス、どの知見を収集するのかに関する新しいルールおよびガバナンスの導入
●より深く広範なデータトランスフォーメーションのための熱意を醸成するための適切なパイロットプロジェクトの特定
●データに関する新しい機能・活用法および役割を構築する。特にデータガバナンス、品質管理、スチュワードなどについて
●データハブフレームワーク、クラウドコンピューティング、ソフトウェアのサブスクリプションモデルを利用する(レガシーのインフラに合わせようとするのではなく)

またデータがサイロから解放されると、新世代の分析、AI、機械学習ツールによって製薬企業内の革新プロセスの民主化が急激に促進されます。

レポート(英語)はこちら(https://www.marklogic.com/resources/eye-for-pharma-defragmenting-data-for-the-future-of-pharma-rd/)から入手できます。


MarkLogicについて
MarkLogicの使命は、最も複雑なIT課題の1つであるデータ統合をシンプルにすることです。データ統合プロセスのすべてのステップを効率的にする、高度に差別化されたデータプラットフォーム「MarkLogicデータハブ」を提供します。MarkLogicデータハブ利用者は、これまでにない速さで360度ビューを達成できます。データ統合をシンプルにすることは、組織の敏捷性の向上、ITコストの削減、そして安全なデータの共有を可能にします。世界トップ10の銀行のうち6社、世界の製薬会社のトップ5社、世界トップ10のメディアのうち6社、および米国の主要政府機関15のうち9団体などがMarkLogicを利用しています。シリコンバレーに本社があり、それ以外に米国、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアに事業所があります。日本では東京渋谷区にマークロジック株式会社を設立しています。詳細はhttps://jp.marklogic.com/で確認できます。

eyeforpharmaについて
eyeforpharmaのミッションは、製薬をよりオープンにまたより価値の高いものにすることです。「よりオープン」というのは最も強力なアイディアや知見が等価的かつ信頼できるかたちで前面にもたらされるということです。「より価値の高い」というのは、患者にとって意味のある製品やサービスをオーセンティックな方法で構築するということです。これを行うため、eyeforpharmaは製薬企業の上級管理職、患者支援団体、健康に関するその他のステークホルダーのためのハブを提供し、アイディアの交換や変化するトレンドや実践が把握できるようにしています。eyeforpharmaは顧客の目的や興味に積極的に対応したいと考えています。詳しくは、http://www.eyeforpharma.com/で確認できます。

PR TIMES

「将来」をもっと詳しく

「将来」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ