【経営者及び今から経営を志す事業主候補者必見】車購入を経営状態に合わせて節税を踏まえ賢く購入するには

11月21日(木)12時35分 PR TIMES

一括で経費にするのか?それとも減価償却で経費計上するのか?そもそも本当に節税になっているのか?を税理士が詳しく解説しています。

車に関する総合メディア「車売る大作戦!」を運営する有限会社モノクリエイト(本社:東京都目黒区)は同サイト内で自動車購入による節税や経営を圧迫しないための購入方法について、湯本会計事務所(東京都北区)の湯本税理士と提携したコンテンツをリリースしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/50144/3/resize/d50144-3-671351-0.png ]


記事URL:https://wagayano-daisakusen.com/keihikeijou.html

経営者にとっては毎年かかる税金を上手に抑えながら、事業もうまく回していきたいところ。
特に利益を上げている状態の中では「節税」が大きな課題になっている会社も多いでしょう。

車を節税目的で購入される経営者も多い中、実際にはどれくらい節税できているのか、また減価償却に対する捉え方はその車の型落ち年数によっても変化します。

特に利益が大きい状況の中では、当期にできるだけ大きく経費計上できてその車を事業にも活用できれば助かる、と考える経営者の方も多いのではないでしょうか。

経営者でも十分には理解しきれていない車の経費計上や減価償却、さらには本当に車を購入することで会社の財務に適切に寄与しているのかどうかなどについて、幅広い業種をサポートし15年の経歴を持つ湯本会計事務所の湯本税理士が解説しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/50144/3/resize/d50144-3-367415-1.png ]



■湯本税理士解説による特筆ポイント5つ


中古車なら4年落ち以上で一括経費計上できる
税金は減らせるが、会社に残る現金は減っている
一括計上できるからと言って必ずしも4年落ち以上が良いとは限らない
購入する時期によっても経費額は変わる
車を買えば必ず経費計上できるわけではない



などなど、現在経営をしている方、またはこれから経営を目指す方にとっては事前に知っておくことで本当に車を買うべきかどうか、また年式は何年落ちが良いのかなどが判断できるよう、専門家の目線で詳しく、そして図解を交えて分かりやすく解説しています。


車売る大作戦!査定ゼロから52万円に引き上げた我が家の体験記
https://wagayano-daisakusen.com/


■会社概要
名称:有限会社モノクリエイト
本社住所:東京都目黒区祐天寺2-8-13祐天寺ビル301
設立:2005年
URL:https://monocreate.work/

PR TIMES

「経営」をもっと詳しく

「経営」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ