三重県桑名市で開催中の特別展「村正II」終了迫る。

11月22日(木)19時40分 PR TIMES

伝説の妖刀『村正』が桑名に降臨

三重県の桑名市博物館で開催中の「村正II—村正と五箇伝—」が盛況を見せている。近年の日本刀ブームを背景に、全国から刀剣ファンが訪れている。

[画像1: https://prtimes.jp/i/31071/179/resize/d31071-179-105518-0.jpg ]

桑名を拠点に活躍した刀工「村正(むらまさ)」の日本刀を一堂に集めた特別展「村正II」が桑名市京町の市博物館で開かれている。近年の日本刀ブームの影響もあってか、全国から刀剣ファンが訪れ、すでに来場者は5千人を超えており、盛況な様子だ。

村正は「徳川家に忌み嫌われた刀」とも言われるが、実際には家康も村正を所有しており、後の時代にできた伝説のようなものだったと言われている。家康所有の村正は、尾張徳川家に伝来し、現在は徳川美術館が所蔵しているが、今回の展示でも披露されている。

そして、一般財団法人 刀剣ワールド財団の協力により、《太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之》など五箇伝を中心に17振を出品。

終了まで残りわずかとなった今、是非目に焼き付けたい。
[画像2: https://prtimes.jp/i/31071/179/resize/d31071-179-746375-2.jpg ]

【概要】
「村正II—村正と五箇伝—」
期間:10月6日(土曜日)から11月25日(日曜日)まで
開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
入館料:高校生以上1,000円、中学生以下無料
※障害者手帳提示の方は本人及び同伴者合わせて2名まで無料
20名以上の団体は1人800円
主な展示作品
・重要美術品《刀 銘 村正 妙法蓮華経/永正十天癸酉十月十三日》
・《刀 銘 正真 裏金象嵌銘 猪切》
・《太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之》
協力:東建コーポレーション株式会社、一般財団法人 刀剣ワールド財団、(株)ポニーキャニオン
HP)https://www.touken-world.jp/muramasa2/

【関連HP】
桑名市役所
http://www.city.kuwana.lg.jp/
(株)ポニーキャニオン
https://local.ponycanyon.co.jp/

PR TIMES

「日本刀」をもっと詳しく

「日本刀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ