ロザムンド・パイク主演!『プライベート・ウォー』Blu-ray&DVDが2020年3月3日に発売決定!衝撃の記録映像で描く『メリー・コルヴィンの瞳』DVDも同日発売!

11月22日(金)15時25分 PR TIMES

http://privatewar.jp/

アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート『カルテル・ランド』マシュー・ハイネマン監督×『ゴーン・ガール』ロザムンド・パイクが描く、戦場ジャーナリスト メリー・コルヴィンが命をかけて伝えた壮絶なる真実『プライベート・ウォー』のBlu-ray&DVDが2020年3月3日に発売決定!同日に、そのメリー・コルヴィン本人の実写映像で綴るドキュメンタリー『メリー・コルヴィンの瞳』DVDも発売決定!

[画像1: https://prtimes.jp/i/31422/329/resize/d31422-329-802469-0.jpg ]

英国サンデー・タイムズ紙の特派員として、世界中の戦地に赴き、レバノン内戦や湾岸戦争、チェチェン紛争、東ティモール紛争などを取材してきた女性記者、メリー・コルヴィン。スリランカ内戦で左目を失明し、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみながらも、世間の関心を紛争地帯に向けようと努めた彼女は、2012年、シリアで受けた砲撃で命を落とす——。ヴァニティ・フェア誌に掲載された記事を基に、シャーリーズ・セロンがプロデューサーとして参加、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』のアッシュ・アメルによる脚本を『カルテル・ランド』や『ラッカは静かに虐殺されている』などオスカー候補にもなった骨太なドキュメンタリーを手掛けてきたマシュー・ハイネマン監督が映画化。メリー・コルヴィンを演じたロザムンド・パイクは本作で2018年ゴールデングローブ最優秀主演女優賞にノミネート。また『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のジェイミー・ドーナンなど、実力派俳優たちが脇を固め、元ユーリズミックスのアニー・レノックスが8年ぶりに手掛けた新曲「Requiem for A Private War」は、2018年ゴールデングローブ賞において、主題歌賞候補となった。

同日に発売される『メリー・コルヴィンの瞳』DVDは、メリー・コルヴィン本人が最前線で命をかけて伝えた真実を、メリー・コルヴィンの取材に同行したカメラマンのポール・コンロイによる書記をもとに実写映像で綴るドキュメンタリー。

【商品情報】

[画像2: https://prtimes.jp/i/31422/329/resize/d31422-329-802469-0.jpg ]


『プライベート・ウォー』
発売日:2020/3/3(火)
価格 :Blu-ray (BIXF-0322) 4,800円 (税抜)  
    DVD(BIBF-3395) 3,900円 (税抜)
<映像特典>
・インタビュー集・予告編
<封入特典>
・ブックレット

(C)2018 APW Film, LLC. ALL RIGHTS RESERVED


[画像3: https://prtimes.jp/i/31422/329/resize/d31422-329-460525-2.jpg ]


『メリー・コルヴィンの瞳』
発売日:2020/3/3(火)
価格 :DVD(BIBF-3394) 3,900円 (税抜)
<映像特典>
・予告編

(C)Arrow International Media Limited/A&E Television Networks, LLC/The British Film Institute MMXVIII


※商品の仕様は変更になる場合がございます。
発売・販売元:株式会社ハピネット

【作品情報】
『プライベート・ウォー』(2018年/イギリス/アメリカ/110分)
監督・製作:マシュー・ハイネマン 『カルテル・ランド』 
脚本・製作:アラッシュ・アメル 製作:シャーリーズ・セロン
撮影:ロバート・リチャードソン 主題歌:アニー・レノックス「Requiem for A Private War」
出演:ロザムンド・パイク ジェイミー・ドーナン トム・ホランダー スタンリー・トゥッチ

【ストーリー】
英国サンデー・タイムズ紙の戦争特派員として活躍するアメリカ人ジャーナリスト、メリー・コルヴィン(ロザムンド・パイク)。2001年、ジャーナリスト入国禁止を無視してスリランカのバンニ地域に乗り込んだ彼女は、銃撃戦に巻き込まれて被弾。左目の視力を失ったメリーだったが、スリランカでの取材を評価され優秀外国人記者に輝いた「英国プレス賞」受賞式に印象的な黒い眼帯を付けて現れる。以降、黒い眼帯は彼女のトレードマークとなった。“生きる伝説”と称えられ、戦場記者を天職と考えるメリー。最前線での体験はPTSD(心的外傷後ストレス障害)として彼女に襲い掛かるが、世間の人々の関心を世界の紛争地帯に向けさせたいという彼女の想いは、さらに強まっていく。2012年、シリア。過酷な状況で包囲されている28,000人の市民の現状を伝えるため、報道カメラマンのポール・コンロイ(ジェイミー・ドーナン)とともにホムス入りしていたメリー。砲弾の音が鳴り響く中、チャンネル4・BBC・CNNの英国公共放送全局が同時ライブ中継を行うという、彼女の記者人生において、もっ
とも危険で過酷なレポートが始まった——。

公式サイト:http://privatewar.jp/
(C)2018 APW Film, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

[画像4: https://prtimes.jp/i/31422/329/resize/d31422-329-391764-1.jpg ]

PR TIMES

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ