普通の人々が大きな偉業を成し遂げた、 それがトヨタ自動車

11月23日(月)9時0分 ダイヤモンドオンライン

アナンス・ラマン Ananth Raman ハーバードビジネススクール教授。専門はビジネスロジスティックスとオペレーションマネジメント。特に需要が不確実な製品のサプライチェーン・コーディネーションを専門に研究。MBAプログラム、DBAプログラム、および、エグゼクティブプログラムで、サプライチェーン・マネジメント、サービス・オペレーション、投資家視点から見たオペレーション等を教えている。"Supply Chain Management at World Co., Ltd."(2001)など、日本企業についてのケース教材や記事を多数執筆。

写真を拡大

海外のビジネススクールで日本人学生が大活躍できる授業といえば、オペレーションマネジメントの授業だ。多くの日本企業の事例が“模範”として登場する。ハーバードで20年以上、オペレーションを教えるアナンス・ラマン教授もまた、トヨタ自動車や日本のコンビニエンスストアのオペレーションを絶賛している。


なぜ経営者を志す学生やエグゼクティブは、必ずオペレーションを学ばなくてはならないのか。また日本企業のオペレーションはなぜ突出して優れているのか。ラマン教授に聞いた。(聞き手/佐藤智恵 インタビューは2015年6月22日)


「テクノロジーとオペレーションマネジメント」が

ハーバードMBAの必修科目である理由


佐藤 ラマン教授は20年以上、ハーバードで教鞭をとられているオペレーションの大家、とうかがっています。長年にわたって、MBAプログラムとエグゼクティブプログラムで「テクノロジーとオペレーションマネジメント」を教えていますが、ハーバードではなぜこの科目が“必修”となっているのでしょうか。


ラマン テクノロジーを学ぶ理由は簡単ですね。テクノロジーは急速に進化していますから、MBAの学生にとってもエグゼクティブにとっても、最新の知識を学ぶことは不可欠です。ところが、今の時代になぜ学生全員がオペレーションを学ぶ必要があるのか、と疑問に思う人はいるかもしれませんね。製造業に興味がある人だけが学べばいいのではないのか、と。


 実際、私が1989年にペンシルバニア大学ウォートンスクールの博士課程に入学したとき、オペレーションマネジメントはMBAの必修科目ではありませんでした。


佐藤 現在は、どのトップビジネススクールでも、生産管理、プロセス管理を学ぶオペレーションマネジメントは必修科目です。つまりそれだけ重要性が高まっているということですが、その理由は何だと思いますか。


ラマン いくつか要因はありますが、最も大きな要因を2つ挙げたいと思います。


 1つめは、世界の発展のために、製造業は不可欠だということです。それは今も昔も変わりません。主要な製造場所は時代とともに変遷しても、経済の根幹を担っていることに変わりはありません。誰かがモノをつくってくれなければ、そもそも生活ができません。


 2つめが、製造業だけではなくサービス業においても、オペレーションが重要になってきた、ということです。実はサービス業の仕事というのは、製造業の仕事ととても似ています。銀行、小売店、ホテル、航空会社、病院などを見てみれば、社員の仕事のほとんどがオペレーションに関わるものです。


 たとえば、小売店の運営で最も重要なのはマーケティング、という印象がありますが、その仕事のほとんどは、オペレーション関連です。お店を掃除して、商品を仕入れて、陳列して、値札をつけて、販売する。これらはすべてオペレーションですね。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「トヨタ」をもっと詳しく

「トヨタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ