ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『アナと雪の女王2』

11月25日(月)19時45分 PR TIMES

「ぴあ」スマートフォンアプリ(ぴあ株式会社:東京都渋谷区)は、2019年11月22日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/11710/1412/resize/d11710-1412-222689-0.jpg ]

第1位は、ディズニー最新作『アナと雪の女王2』。前作で強い絆で結ばれたアナとエルサ。ふたりは幸せに暮らしていたが、姉妹に新たな試練が訪れる。

有毒ガスから逃れるため、超高層ビル群を命綱なしで登り走り抜ける男女のサバイバルをスリリングに映し出す『EXIT』が第2位に、日本を代表する前衛芸術家・草間彌生の生い立ちや、60年以上にわたる彼女の創作活動を辿っていくドキュメンタリー『草間彌生∞INFINITY』が第3位になった。

************************************
1位『アナと雪の女王2』94.2点
2位『EXIT』91.9点
3位『草間彌生∞INFINITY』89.5点
4位『フラグタイム』88.8点
5位『テルアビブ・オン・ファイア』87.5点
6位『ゾンビランド:ダブルタップ』87.4点
7位『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』84.5点
8位『決算!忠臣蔵』82.3点
9位『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』80.2点
(11月23日ぴあ調べ)
************************************

1位『アナと雪の女王2』94.2点
「アナとエルサの服装がよかったです。ドレスもすごくキレイで輝いてました。前作では教えられなかった過去の出来事が詳しくわかりました」(13歳・女性)
「ふたりの核心に迫った物語だった。ある人物が物語にとても大きな影響を与えていて驚いた。最後まで観てやっとメインはこの人の物語だったんだってわかって、そこも面白かったです」(37歳・女性)
「前作は愛がテーマだったけれど今作は今の時代にあったいろいろなテーマが入っていて深みがあった。人によっていろいろな感想が出てくる作品だと思う。子どもたちと観に来たが、感情移入してポロポロ涙が出てしまった」(43歳・女性)

2位『EXIT』91.9点
「思わず声が出ちゃうくらいハラハラした。主人公が走ったり飛んだりどうなっていくのか一瞬の油断もできない感じでのめり込んだ。」(40代・女性)
「疾走感があって良いあんばいにハラハラしたり、クスッとした。コミカルな部分もありつつ、涙腺を刺激されたりいろいろな要素が詰まっている。主人公たちと一緒に走りきったような良い感じに疲れました」(40代・女性)
「サバイバル映画が好きなのでハラハラドキドキして最後の最後まで飽きなかった。観ているこっちまで息苦しくなるほどのアクションシーンの数々に大満足です」(32歳・女性)

3位『草間彌生∞INFINITY』89.5点
「草間彌生さんがどんな人生を歩んでいたのか、知らないことがたくさんあった。その中でも、再び評価されるところはさすがだなと思った。初期の作品から現在SNSに載せられているような作品まで幅広く観ることができて、特に椅子が出てくるところは印象的でした」(40代・女性)
「草間彌生さんの美術作品をいろいろ観てきて、何でこういう作風なんだろう?というのがわかったような気がしました。このドキュメンタリーを観てから、また作品をみるときっと見え方が違うと思うので、美術作品を観に行きたい」(30歳・女性)
「草間彌生さんの作品は明るくて華やかなイメージがあって、あまり“影”の部分を感じたことがなかったので、映画を観てダメだったときもあったんだと知りました。約75分くらいの作品なのでもう少し長くてもよかったなと思いました」(20代・女性)

※ぴあ映画初日満足度調査とは
ぴあ(株)が公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するもの。

「ぴあ」スマートフォンアプリ
https://lp.p.pia.jp/

■添付画像
『アナと雪の女王2』
(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

PR TIMES

「ぴあ」をもっと詳しく

「ぴあ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ