Instagramのハッシュタグ検索結果に良質なUGC(口コミ写真)を創出!Snapmartで株式会社バスクリンの浴用入浴料「スパ パーフェクション」のアンバサダーコンテストを開催

11月25日(月)16時25分 PR TIMES

SNSに投稿されるようなスナップ写真をスマートフォンから販売できるプラットフォーム「Snapmart(スナップマート)」を運営するピクスタ株式会社の子会社・スナップマート株式会社(代表取締役社長:岡洋介、本社:東京都渋谷区)は、2019年11月25日より、株式会社バスクリン(代表取締役社長:古賀 和則、本社:東京都千代田区)から発売されている浴用入浴料「スパ パーフェクション」のアンバサダーを30名を募集開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23052/22/resize/d23052-22-755866-0.jpg ]


■浴用化粧料「スパ パーフェクション」のアンバサダー概要
写真販売アプリ「Snapmart」にて、「スパ パーフェクション」のアンバサダーを30名募集。
株式会社バスクリンに選ばれた30名の方々に浴用化粧料「スパ パーフェクション」をプレゼントいたします。「スパ パーフェクション」は幅広い年代の女性が抱えるボディの肌悩みである「ハリ・ツヤのなさ」の解決をサポートする浴用化粧料。

30名のアンバサダーは、その「スパ パーフェクション」を連続14日間使うことで、「ハリ・ツヤのなさ」にどう影響したかをご自身のInstagramにて発信。またSnapmart内で開催されるアンバサダーコンテストにも写真を1枚以上提出していただきます。なかでも、「スパ パーフェクション」の商品の魅力が伝わる素敵な写真を投稿してくださった方5名に「BEST スパ パーフェクション賞」として賞金10,000円を付与いたします。
コンテストへの提出写真は、株式会社バスクリン「スパ パーフェクション」のWEBサイトやSNS投稿写真など、PRツールとして利用されます。

募集ページURL: https://info.snapmart.jp/spaparfection_ambassodor/


■Snapmartアンバサダープランとは
企業が、Snapmartに写真を投稿・販売するクリエイターから参加者を募り、参加者(アンバサダー)を選定の上、「自社商品のサンプリング」及び、「SNSプロモーションに効果的なクオリティの高いユーザー撮影による写真コンテンツの大量収集」と「ユーザー体験(クチコミ)の拡散」を依頼することができるサービスです。


[画像2: https://prtimes.jp/i/23052/22/resize/d23052-22-822218-1.png ]


アンバサダープランは写真コンテスト形式で開催され、企業は賞金と、撮影してほしい商品サンプルを用意。アンバサダーから納品された写真はすべて自社で商用利用が可能です。

アンバサダーは、撮影した写真を企業に提出する他、自身のSNSアカウントでユーザー体験を指定のハッシュタグをつけて投稿。提出した写真は企業のプロモーション活動に使われる可能性があり、入賞すれば賞金を得ることができます。写真で企業の役に立ちたいと考えているSnapmartのクリエイターにとっては、可能性を広げるチャンスの場となっています。

詳細URL:https://snapmart.jp/ambassador


■今回の取り組み背景
SNSの利用率は全世代で7割を超え、10-30代は9割以上の人がSNSを使っています。(出典元:総務省 情報通信政策研究所、平成28年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査)そのため、年々SNSでオフィシャルアカウントを作成する企業が増えております。企業がSNSを広告の為に使う際に意識するべき消費行動の変化が3点あります。


1.検索動向が変化している
これまでは、検索エンジンを使った検索が多かったのですが、最近は気になる商品の情報を探すために70%以上の方がハッシュタグを使っているという事がわかりました。(出典元:アライドアーキテクツ株式会社 【調査結果】利用率76%!女性SNSユーザーのハッシュタグ利用実態)

検索エンジンで検索すると広告やSEOを意識したまとめサイトばかり出てくるのに対して、SNSでハッシュタグ検索する事により、一般の人の多様でリアルな口コミが見れる事などから、広告嫌いな20-30代の心を掴んでいます。

2. SNSの情報がきっかけで消費行動をおこしている
スナップマートの独自調査によると、69%の人たちがSNSの情報がきっかけで実際に商品を購入したり、来店をしたりという消費行動を起こしています。
特に、20代女性は86%、30代女性は83%と、20-30代の女性たちの消費行動には、SNSの影響が大きくあることがわかりました。


3.広告写真では効果が得にくい
SNSでは、広告写真よりも「リアルなユーザー体験」が感じられる「User Generated Contents(以下、UGC)」の方が相性が良いとされています。

スナップマートの独自調査でも、プロの手で撮影された商品写真よりも一般ユーザーが撮影した写真の方が1.5倍〜2倍の広告効果(いいね数)を出すことがわかりました。


このような消費行動の変化を受け、株式会社バスクリンは、浴用化粧料やハリ・ツヤのなさを解決する商品を検討の際に、SNSで情報収集をする女性達に適切な情報を届けるために、「スパ パーフェクション」を実際に14日間連続利用した様子をSNS上で発信してくれる公式アンバサダーをSnapmartで募集する事になりました。


■スナップマートとは
Snapmartは、SNSに投稿されているような個人が撮影したスナップ写真がフリマ感覚で売れるプラットフォームです。投稿者(クリエイター)はスマホのアプリをインストールするだけで気軽に出品できることから、おもに20〜30代の女性に利用されています。

購入しているのは主にSNSのアカウントを運営している企業のマーケティング部門担当者。SNSに馴染みの深いクリエイターによる、SNSに最適な写真コンテンツを提供しています。

またSnapmartクリエイターに商品撮影を依頼できる「ブツ撮りサービス」や「ブツ撮りライト」も提供。企業のSNS運用におけるクリエイティブをサポートしながら、クリエイターの可能性を広げる事業を行なっています。



会社名:スナップマート株式会社(ピクスタ株式会社100%子会社)
設 立:2016年8月23日
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル5階
代表取締役社長 岡洋介
https://snapmart.co.jp/


【プレスリリースに関するお問い合わせ】
スナップマート株式会社 担当:村上、岡
mail:sales@snapmart.jp
Tel: 03-6450-5185

PR TIMES

「株式会社」をもっと詳しく

「株式会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ