【2020年を表す一文字は『禍』!?】20代〜60代男女1,149人に「私の今年の一文字」を大調査!激動の1年となった2020年、新たに芽生えた不安とは…?

11月25日(水)14時46分 PR TIMES

2020年は『悪い1年だった』『非常に悪い1年だった』という回答が7割以上!

株式会社アイネット証券(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:星野 智英)は、20代〜60代の男女を対象に、「私の今年の一文字」に関する調査を実施しました。

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の事態に陥った1年となりました。

緊急事態宣言の発令や外出自粛要請、外出時のマスク着用やアルコール除菌の定着、そしてテレワークの普及やコロナショックと呼ばれるほどの経済的ダメージなど、さまざまな出来事や大きな変化があった1年でした。

そんな激動の2020年を一文字で表すとしたら、みなさんはどういった一文字を選びますか?

また、来年はどのような1年にしたいですか?

そこで今回、FX自動売買システム「ループイフダン(R)」を運営する株式会社アイネット証券(https://inet-sec.co.jp/)は、20代〜60代の男女を対象に、「私の今年の一文字」に関する調査を実施しました。

※今回の調査は、「財団法人 日本漢字能力検定協会」「今年の漢字(R)」とは一切関係ありません。


激動の2020年を一文字で表すとコレ!


[画像1: https://prtimes.jp/i/50273/9/resize/d50273-9-770432-0.jpg ]


では早速、2020年を表す一文字を聞いてみましょう。

「あなたの2020年を漢字一文字で表現してください」と質問したところ、以下のような回答が寄せられました。

■【私の2020年はこの一文字!】TOP10はコチラ!
・第1位『禍(7.4%)』
・第2位『病(6.1%)』
・第3位『菌(3.8%)』
・第4位『密(3.8%)』
・第5位『耐(3.7%)』
・第6位『忍(3.5%)』
・第7位『苦(3.2%)』
・第8位『変(3.0%)』
・第9位『家(3.0%)』
・第10位『疫(2.9%)』

2020年の出来事として欠かすことのできない、新型コロナウイルスの感染拡大にまつわる一文字を浮かべる方がやはり多いようです。

■その漢字を選んだ理由とは?
『禍』
・歴史的なパンデミックに見舞われたから(40代/女性/大阪府)
・コロナ禍に振り回され、今までの暮らしの環境が変わり、苦痛だった(60代/男性/宮崎県)

『病』
・新型コロナウイルスにより生活が一変した。病以上に今年を表すものはないと思う(30代/男性/東京都)
・コロナに振り回された1年でした(50代/女性/東京都)

『菌』
・コロナに翻弄されたから(30代/女性/神奈川県)
・コロナで、除菌、ウイルスなどの印象があるから(40代/女性/広島県)

『密』
・コロナの状況から3密という言葉が生まれ人々の生活が大きく変わったから(20代/女性/愛知県)
・外出時に一番注意したこと(50代/男性/岡山県)

『耐』
・いろいろと我慢の年だったと思う(30代/男性/徳島県)
・コロナの影響で皆が辛い思いをしています。希望を持っての耐える、です(30代/女性/北海道)

などの回答が寄せられました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、私たちの暮らしにも大きな変化が生まれたので、どの一文字もまさに2020年を表す一文字と言えますね。

■こんな一文字も…
『無』…コロナでしたいことが何もできなかった、空っぽ、無の1年だったから(20代/女性/兵庫県)
『幸』…家族みんなが健康で楽しく過ごせたから(20代/女性/千葉県)
『滅』…コロナウイルスを滅する、鬼滅の刃(30代/女性/東京都)
『粛』…なんかずっとこの状態でした(30代/男性/千葉県)


「あんなことやこんなことがありました」2020年を振り返る


[画像2: https://prtimes.jp/i/50273/9/resize/d50273-9-278168-1.jpg ]


「2020年の一文字」が分かりました。
激動の1年となった2020年ですが、改めて振り返ると、みなさんにとってどのような1年でしたか?

そこで、「2020年を振り返るとどのような印象ですか?」と質問したところ、
『悪い1年だった(45.3%)』という回答が最も多く、次いで『非常に悪い1年だった(27.2%)』『良い1年だった(24.2%)』『非常に良い1年だった(3.3%)』と続きました。

やはり、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大変な状況の2020年の印象は良くない方が多いことが分かりました。

『良い1年』という印象の方、『悪い1年』という印象の方それぞれに、その理由を伺いました。

■2020年は非常に良い1年だった!
・大好きな人とずっと一緒にいられたこと(20代/女性/福岡県)
・コロナ禍ではあるけど、無事に妊娠、出産ができ、今までにない幸せを感じているから(30代/女性/愛知県)

■2020年は良い1年だった!
・今までの普通と思っていた生活様式や価値観を見直すきっかけになったから(40代/女性/山梨県)
・仕事も趣味も良い意味で新しいものに変貌したから(50代/男性/北海道)

■2020年は悪い1年だった…
・休職して職場が変わり収入が減ってしまった(40代/女性/東京都)
・コロナの影響で仕事が上手くいかなかった(40代/男性/青森県)

■2020年は非常に悪い1年だった…
・仕事がしたくてもできない。給料がもらえるかの不安。Go Toが始まったら逆に激務となり、仕事に心も身体も振り回された年だったから(20代/女性/愛知県)
・右肩下がりの収入。これが全て(30代/男性/愛媛県)

などの回答が寄せられました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響は、良い変化と悪い変化をもたらしていることがよく分かります。


将来の健康や経済への不安も芽生えてしまいました…


[画像3: https://prtimes.jp/i/50273/9/resize/d50273-9-294663-2.jpg ]


みなさんにとっての2020年の印象が分かりました。
未だ猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、それによって新たな不安が芽生えた方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか?

そこで、「新型コロナウイルスの感染拡大によって新たな不安が芽生えましたか?」と質問したところ、実に8割以上の方が『はい(83.3%)』と回答しました。

やはり、新型コロナウイルスの感染拡大は新たな不安を生んでしまっているようです。

どのような不安が芽生えたのでしょうか?

続いて、「どのような不安ですか?(複数回答可)」と質問したところ、
『将来の健康に関する不安(52.6%)』『今後の経済に関する不安(52.6%)』という回答が同率で最も多く、次いで『将来のお金に関する不安(52.5%)』『現在の健康に関する不安(44.6%)』『現在のお金に関する不安(39.4%)』と続きました。

欧米での感染再拡大や、日本国内でも新規感染者数が増加傾向にある新型コロナウイルスですから、将来の健康面、そして今後の経済へのさらなるダメージなどを危惧している方が多いようです。

■新型コロナウイルス感染拡大でこんな不安が芽生えました…
・これから経済状況が悪くなると、世の中にどんな悪影響が出るのか、その不透明さが漠然と怖い(20代/女性/福島県)
・現在の収入が続くのか、また緊急事態宣言が発令されたら怖いなと思います(30代/女性/神奈川県)
・仕事の先行きが見通せない(40代/男性/東京都)
・今後の経済発展の鈍化による収入の減少や行動の制限による生活の質の低下(50代/男性/兵庫県)
・経済の打撃による株価下落や企業倒産が一番心配(60代/女性/東京都)

などの回答が寄せられました。

未だ終息の兆しが見えない新型コロナウイルス感染拡大ですから、今後の経済面やご自身の健康・収入面への不安が大きいようです。


不安解消のために取り組んでいることとは…?


[画像4: https://prtimes.jp/i/50273/9/resize/d50273-9-841876-3.jpg ]


新型コロナウイルス感染拡大によって芽生えた新たな不安が分かりました。
では、その不安を解消するために、どのような対策を講じていらっしゃるのでしょうか?

そこで、「不安解消に向けて対策していることはありますか?(複数回答可)」と質問したところ、
『感染防止対策(41.7%)』という回答が最も多く、次いで『何も対策できていない(31.6%)』『預貯金(29.3%)』『投資(12.6%)』『副業(7.0%)』『転職活動(6.2%)』『独立起業(0.7%)』と続きました。

マスク着用やアルコール除菌、3密の回避、ソーシャルディスタンスの確保などの『感染防止対策』は、もはや定着しつつあると言えるでしょう。
ですが、『何も対策できていない』という方も決して少なくないことが分かりました。

また、新たに芽生えた不安として経済不安や収入不安を挙げた方も多かったことから、『預貯金』を行っている方、収入を確保するために『投資』『副業』『転職活動』を行っている方もいらっしゃるようです。


「来年は〇〇にチャレンジしたい!」抱負を発表!

新型コロナウイルス感染拡大による新たな不安と、その対策が分かりました。
まだまだ予断を許さない状況が続いていますが、みなさんは、withコロナの来年(2021年)をどのように過ごしていく予定ですか?

最後に、「来年(2021年)の抱負を教えてください」と質問したところ、以下のような回答が寄せられました。

■2021年の抱負を発表します!
・コロナとも共存しながら仕事を頑張り、好きな旅行をいっぱいする(20代/女性/神奈川県)
・今年以上に新しいことに挑戦(30代/男性/大阪府)
・時代の変化についていけるよう「新しい時代に通用する自分作り」を目標にしたい(40代/女性/福岡県)
・新たな投資先を分析して仕込む(40代/男性/東京都)
・喜びを見つけながら、新型コロナ終息を願い続けて、人と笑顔で話ができるような日々送りたい(50代/男性/大阪府)
・コロナが終息し、健康面でも経済面でも活動的な生活を送りたい(60代/男性/長野県)

新型コロナウイルスの終息を願いながら、みなさんの抱負の実現を応援しています。


withコロナの今、新しい価値観を取り入れながら「お金」の不安を解消することが大切です!

今回の調査で、みなさんの2020年を表す「一文字」が分かりました。
さまざまな一文字が挙がりましたが、どれも激動の2020年を象徴する一文字だと思います。

また、2020年を振り返ってみると、良い出来事は少なかった印象の方が多いようです。
新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の事態によって、世界経済は大きな打撃を受けているのも事実ですから、そのように感じる方が多いことは仕方のないことでしょう。

新型コロナウイルスの感染拡大によって新たな不安が芽生えたという方も多く、特に「お金」に関する不安が大きいようです。

ヨーロッパでは感染が再拡大しており、まだまだ予断を許さない状況は続きそうですが、withコロナ時代を生き抜くために、新しい生活様式や価値観を取り入れながら、前を向いて突き進んでいくことが非常に大切です。


将来の「お金」に関する不安解消のために、『ループイフダン(R)』を始めてみませんか?


[画像5: https://prtimes.jp/i/50273/9/resize/d50273-9-517559-4.jpg ]


今回、「私の今年の一文字」に関する調査を実施した株式会社アイネット証券(https://inet-sec.co.jp/)は、FX(外国為替証拠金取引)自動売買システム「ループイフダン(R)」を運営しております。

「ループイフダン(R)」は、一定値幅レートが動いたら自動で売買を繰り返すだけの『わかりやすい取引』で、投資ノウハウがなくても、少額から誰でも簡単に始められます。

なんと、2020年度前期の実績では、お客様の平均利益率は14%と、ループイフダンで資産を増やしており、多くのお客様からご支持いただき、ご利用者数が伸び続けています!(※1)

多くの方が資産を増やすことに成功した「ループイフダン(R)」で、投資を始めて理想の未来を手に入れましょう!

(※1)2020年度前期(4月1日〜9月30日)にループイフダン口座で運用中のお客様を対象とし、各口座の4月1日の有効証拠金をもとに算出した利益率を平均した値です。(当社調べ)
※詳細はコチラ:https://inet-sec.co.jp/systrd/performance/

※ループイフダンにはロスカット等の損失リスクがあります。資金管理には十分な余裕をもって運用をするようご注意ください。


■株式会社アイネット証券:https://inet-sec.co.jp/
■FX自動売買システム「ループイフダン(R)」:https://inet-sec.co.jp/systrd/
■タイプ別投資診断:https://inet-sec.co.jp/systrd/yesno/
■お問い合わせ:https://inet-sec.co.jp/inquiry_top/
■電話でのお問い合わせ:0120-916-707(受付時間:月曜〜金曜9:00〜17:00)


調査概要:「私の今年の一文字」に関する調査
【調査日】2020年11月5日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,149人
【調査対象】20代〜60代の男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

PR TIMES

「不安」をもっと詳しく

「不安」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ