<上質工芸品のスタイルを提案するギャラリー>箔一『創造工芸ギャラリー』が11月23日オープン- 箔巧館20周年・全館リニューアルに先駆け開設 -

11月27日(月)10時0分 @Press

株式会社箔一(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:浅野 達也)は、“上質の工芸品による新しいスタイルの提案”をテーマとした「創造工芸ギャラリー」を、2017年11月23日(木・祝)にオープンいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143910/LL_img_143910_1.jpg
箔一創造工芸ギャラリー 01

【箔一本店 箔巧館について】
今から20年前、お客様に金箔の歴史や文化を知ってもらいたいという想いから「金箔の総合ミュージアム 箔巧館」を建てました。この20年の間に、世界各国から多くのお客様にご来館いただき、金箔の魅力を伝えてまいりました。そして20年を節目に、より金沢箔の魅力を伝えていくことをテーマに、全フロアを来春までにリニューアルいたします。今回は、全フロアリニューアルに先駆け上質工芸品に特化した『創造工芸ギャラリー』をご案内いたします。


【創造工芸ギャラリーとは】
以下の3点がポイントとなります。

1. 「古の技法」と「現代の技術」を融合した新しい工芸品
2. 上質工芸品の取り扱い数・フロア面積は、石川県で随一。※自社調べ
3. 使い方のボーダーレス化を目指した、新しいスタイルの工芸品

作品は、琳派や狩野派などから名画をモチーフにしたオリジナル作品から、金沢箔の輝きが印象深い現代アートの作品まで様々に取り揃えました。日本の文化や風習に根付いた工芸品を中心に取り揃えており、新しいスタイルの提案と共に展示しております。例えば屏風は、間仕切りや目隠しに使われてきたアイテムですが、和室の減少や間取りの変化によってニーズが低下傾向にありました。当ギャラリーでは、アートとしての切り口で、壁に飾ることができるような提案や、型にはまらない、工芸品の新しいスタイルを提案いたします。


【全館リニューアルについて】
全館リニューアルは、2018年の4月を予定しております。これまでも金沢箔の歴史や魅力を、専任ガイドが伝えてまいりましたが、さらに来館者自らが体感し、五感を刺激することで感動を呼び起こす『世界唯一の金箔総合ミュージアム』へのリニューアルを予定しています。一方店舗は、金沢箔を日常で使いたくなるような「わくわくする」「楽しい」お土産を中心に販売する空間へと生まれ変わる予定です。


■ 創造工芸ギャラリー概要
・ 名称 :箔一本店 箔巧館 創造工芸ギャラリー
・ 所在地 :石川県金沢市森戸2-1-1
・ 展示商品 :屏風、掛け軸、香炉、飾り皿など
・ フロア面積:約200平方メートル
・ 展示商品数:約100点
・ 公開日 :2017年11月23日(木・祝)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「リニューアル」をもっと詳しく

「リニューアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ