アイ・ティ・リアライズのクレジットカード管理アプリ『CRECO』、11月27日より新機能追加

11月27日(月)11時0分 @Press

アイ・ティ・リアライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾上 正憲)は、クレジットカードの利用明細を一元管理できる無料アプリ『CRECO(クレコ)』を11月27日にアップデート。CRECOユーザーからご要望が多かった「電子マネー管理」と「利用明細グラフ」機能を追加いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143742/LL_img_143742_1.jpg
電子マネーカレンダーイメージ

<利用明細グラフイメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/143742/img_143742_2.jpg

「CRECO」サービスサイト: https://creco.cards/


■CRECO新機能の特徴
[1]電子マネー管理
今回のアップデートにより、CRECOでクレジットカードだけではなく、電子マネーの管理も可能となりました。
・各社電子マネーをひとつのアプリで一元管理
・電子マネーの利用履歴をカレンダー形式で表示・月間利用額を把握可能
・「クレジットカード管理」と「電子マネー管理」をタップでかんたん切替

<今回対応した電子マネー>
・楽天Edy ( https://edy.rakuten.co.jp/ )
・モバイルSuica( http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/index.html )
・nanaco ( http://www.nanaco-net.jp/ )
・WAON ( https://www.waon.net/index.html )

[2]利用明細グラフ
CRECOでは、クレジットカード利用明細について、その「カテゴリー」をユーザーが自ら選択することで、月々の利用傾向がわかると同時にCRECOポイントも貯まるという仕組みを導入しています。今回のアップデートでは、この仕組みを電子マネーまで広げています。さらに、クレジットカード・電子マネーに対して選択したカテゴリーをグラフで表示することで、より直感的に利用傾向が把握できるようになりました。


■新機能にかける思い
日本は現金至上主義と言われながらも、決済手段の多様化に伴い、クレジットカードや電子マネーでの決済比率は、着実に伸びてきています。それと同時に、使い分ける決済手段が増えるにつれ、管理が煩雑になりがちです。
クレジットカード利用者にとって「シンプルで便利なアプリ」としてご利用いただいてきたCRECOが電子マネーにも対応し、また利用履歴のグラフ化を行うことで、「日常のお金の流れを可視化できるツール」として進化を遂げる第一歩となりました。


■CRECO(クレコ)について
『CRECO』は、複数クレジットカード管理が簡単にできるシンプルな無料アプリです。 直感的でわかりやすいカレンダー形式が特徴。過去のクレジットカード利用明細・請求書を蓄積保存し、閲覧制限はありません。また、加盟店からのお得なクーポンも配信されます。クレジットカード会社のポイントと併用して、CRECOポイントを貯めることができ、貯まったポイントは「PeXポイントギフト」や「Amazonギフト」などの電子ギフトに交換できます。
サービスサイト: https://creco.cards/


■会社概要
商号 : アイ・ティ・リアライズ株式会社
代表者 : 代表取締役 尾上 正憲
所在地 : 東京都渋谷区渋谷2-11-5 クロスオフィス渋谷メディオ
設立年月: 2007年11月
事業内容: 金融アプリケーションサービス、金融パッケージソリューション
金融システム開発・保守・運用・コンサルティング
資本金 : 230,820,000円(資本準備金含む)
URL : https://www.itrealize.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「クレジットカード」をもっと詳しく

「クレジットカード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ