【2018年アルバイト・パート 仕事探しの情報源に関する調査】

11月27日(火)15時40分 PR TIMES

Webで仕事探しを行った求職者は68.1%。2015年と比べ、+22.1ポイントと大幅アップ。Web以外は減少。

多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(https://tsuna-ken.com/ 株式会社ツナグ・ソリューションズ/本社:東京都千代田区/代表取締役社長:米田光宏)」は、2年以内にアルバイト・パートとして仕事探しを経験した方を対象に、「仕事探しの際に最も利用した情報源」についてアンケート調査を実施しました。前回2015年度調査時との比較も含め、結果をとりまとめましたので、ご報告いたします。

調査結果 概要


仕事探しは求人サイト、ホームページなどWebを情報源とする求職者68.1%・+22.1ポイント
求人情報アプリの利用率、2015年6%から2018年19.8%と13.8ポイントアップ
大学生・専門学生のWeb利用8割以上、主婦・シニアもWeb利用が前回から10ポイント以上アップ


調査結果 詳細
1.仕事探しは求人サイト、ホームページなどWebを情報源とする求職者68.1%・+22.1ポイント

求人サイト、採用ホームページなどWeb上で仕事探しを行ったという求職者が、前回調査を実施した2015年の46.0%から68.1%と大きく伸びました。(前回比+22.1ポイント)。
その一方で、求人誌、折込チラシなど紙を情報源とする求職者は23.4%から12.2%と減少(同▲11.2ポイント)。その他、ハローワーク・クチコミ紹介とWeb以外の情報源はスコアを下げています。求職者にとって仕事探しの情報を取得する場が、Webへと移行していることが表れた結果となりました。

                 <仕事探しの際に最も利用した情報源>
[画像1: https://prtimes.jp/i/4558/8/resize/d4558-8-518060-0.png ]


2.求人情報アプリの利用率、2015年6%から2018年19.8%と13.8ポイントアップ

スコアの詳細を見てみると、Webの中では特に「求人情報アプリ」の利用率が前回と比べ最も伸びており、前回6%から今回19.8%(+13.8ポイント)となっていました。続いて、「インターネット求人Webサイト」が24.2%から32.0%(+7.8ポイント)の伸びとなっています。
一方で、紙の中でも特に「求人誌」は10.8%から5.5%(▲5.3ポイント)。「折込チラシ」は10.2%から4.6%(▲5.6ポイント)と大きく減少しました。

               <仕事探しの際に最も利用した情報源(詳細)>
[画像2: https://prtimes.jp/i/4558/8/resize/d4558-8-603560-1.png ]

         ↑上図内黄色に色付けしたものは、プラスまたはマイナスで5P以上の開きがあるもの

3.大学生・専門学生のWeb利用8割以上、主婦・シニアもWeb利用が前回から10ポイント以上アップ

前回と今回を比較すると、全体的にWebの比率が伸びています。
大学生・専門学生は元々Web利用比率が高く、前回も今回も80%を超えていますが、大きく伸びたのはシニア・主婦の利用でした。
Webで仕事を探すというシニアの求職者は、前回23.0%から今回42.9%(+19.9ポイント)・主婦は前回38.9%から55.7%(+16.8ポイント)となっています。
代わりに、ハローワーク・クチコミ紹介とWeb以外の情報源はスコアを下げています。紙+ハローワーク+クチコミ、紹介を足した数値は、シニアは前回77.0%から今回57.0%(▲20.0ポイント)・主婦は前回61.0%から44.3%(▲16.7ポイント)となりました。

                <属性別 仕事探しの際に最も利用した情報源>
[画像3: https://prtimes.jp/i/4558/8/resize/d4558-8-983394-2.png ]



■調査概要
調査期間:2018/4/20~2018/4/24
調査対象:アルバイト・パートに直近で接点がある全国の18~66歳までの1,082人
調査方法:インターネットによるアンケート

===================================================
■ツナグ働き方研究所とは...
アルバイト・パート専門の人材コンサルティング会社、株式会社ツナグ・ソリューションズを母体とする「多様な働き方」の調査研究機関。少子高齢化による労働力人口の構造変化やIT技術の進化、グローバル化による産業構造変化が加速する中、ますます広がりを見せるアルバイト・パートを中心とした多様な労働市場において、「個人の価値観が尊重される働き方」「現場の人材が最も輝く働き方」「21世紀をリードする多様な働き方」をテーマに、調査・研究・開発に取り組む。
所長である平賀充記(ひらがあつのり)は、リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)にて、FromA、タウンワーク、とらばーゆ、ガテン、はたらいくなど、リクルートの主要求人メディア編集長を歴任した「アルバイトの専門家」として活動している。

■過去の調査、リリースは以下に公開しております。
【2018年アルバイト採用ブランド力調査】
・人手不足に打ち勝つヒントが見える・アルバイト採用ブランド力総合第1位はスターバックス コーヒー
https://tsuna-ken.com/report/20180912_1679.html

【2018年アルバイト採用ブランド力調査・特別編】
・学生が選ぶ、就活に役立ちそう/SNS映えしそう/ まかないが美味しそうなバイト先は?
https://tsuna-ken.com/news/20180926_1696.html

【飲食店店長・意識調査】飲食店店長が選ぶアルバイト求人媒体ベストテン発表!
https://tsuna-ken.com/report/20171120_1591.html

【2017年アルバイト採用ブランド力調査】
・主婦編 時間・場所を重視 主婦人気バイトはセブン-イレブン!
 https://tsuna-ken.com/report/20170522_1499.html
・大学生・専門学生編 給与・仲間・仕事がポイント 1位はスターバックス!
 https://tsuna-ken.com/report/20170516_1500.html
【アルバイト&パート職場コミュニケーション調査2016】
・応募者が【ブラックバイト判定する】3つの鬼門とは!?
 https://tsuna-ken.com/report/20160603_1534.html
・『"ゆとり"から"団塊"まで...世代入り乱れるカオスな職場で 上司・店長が身を守るための3つの「境界線」!』
https://tsuna-ken.com/report/20160629_1532.html

PR TIMES

「2018年」をもっと詳しく

「2018年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ