サブスクプラットフォーム「FANCLOVE」のiOSアプリが2019年12月に登場予定。クラブのチャーンレート(解約率)低下を目指します

11月27日(水)9時35分 PR TIMES

初期費用、月額費用無料から使えるサブスクプラットフォームのFANCLOVE(ファンクラブ)では、会員向けアプリを開発中。2019年12月にiOS向けのアプリをリリース予定です。

株式会社バケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋山 慎治)は、誰でも無料で簡単に自分のサブスクを作ることができるサブスクプラットフォーム『FANCLOVE(ファンクラブ) https://fanclove.jp 』を提供。

これまでのWebベースでのサービス提供に併せて、クラブの入会者がクラブのサービスを気軽に受けられるように会員向けアプリを2019年12月にリリースいたします(予定)。これにより、サブスクの中で重要な要素である会員のチャンレート(解約率)低下を図り、クラブ運営者の収益の安定化を図ります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/12092/29/resize/d12092-29-732001-0.png ]



1.サブスクプラットフォーム「FANCLOVE(ファンクラブ)」とは

自分のサブスクが簡単に作れるサブスクプラットフォーム『FANCLOVE(ファンクラブ)』(URL: https://fanclove.jp )は、自分のサブスクサービス(月額会員制サービス)を簡単に作れるサービス。クレジットカード、銀行振込、キャリア決済(docomo)に対応し、2016年のサービススタート後、アーティストやYouTuber、VTuber、習い事の教室、実店舗の利用者向けサービスなど、様々な業態で活用いただいております。

FANCLOVE(ファンクラブ) https://fanclove.jp

[画像2: https://prtimes.jp/i/12092/29/resize/d12092-29-344233-1.png ]



2.アプリ導入の趣旨について

これまで、FANCLOVEでは、Webブラウザベースでサービスを提供してまいりました。しかし、若年層を中心に、ブラウザよりも使い慣れたアプリでのサービスのご要望を多く頂いておりましたため、今回の開発となりました。アプリにより、クラブの発信する情報へのアクセスがより簡単に行えるようになるため、ユーザーの利便性につながり、クラブの解約率の低下につながるものと想定しております。


3.FANCLOVEのその他の機能について

[画像3: https://prtimes.jp/i/12092/29/resize/d12092-29-386316-2.png ]



自分のサブスクが簡単に作れるサブスクプラットフォーム「FANCLOVE(ファンクラブ)」では、誰でも簡単に月額課金型のサブスクサービスを作ることができます。

(1)最短1分でクラブを無料作成し、ファンを募ることができます
クラブと、ファンが参加するための課金プランを無料で簡単に作成可能。クラブを作ったら、FacebookやTwitterなどのSNSや店頭・チラシなどの媒体を活用し、ファンを募りましょう。

(2)ファンから会費(月額)が支払われます
登録したファンからは、毎月会費が支払われます。会費はFANCLOVEのシステム上で行われるので、余計な作業は必要ありません。

(3)ファンに特典を提供することができます
ファンには、入会メリットを提供していきましょう。特典の提供方法は、1.会員証を見せる 2.特典チケットを作成する の2通り。
特典チケットは、1回限り、1日1回、数量限定など、様々な提供形式に対応しています。

(4)ファンへの告知
タイムライン機能により、ファンに対して活動報告を簡単に行うことができます。この機能に対して、先月のコメント機能に続き、ファイル添付機能が新しく追加されました。

ファンクラブを開くために必要となる初期費用や、継続して利用するために必要な月額費用は発生しませんのでお気軽にご登録して使ってみていただけます。


4.株式会社バケット 会社概要
(1)商号 : 株式会社バケット
(2)代表者 : 代表取締役社長 秋山 慎治
(3)所在地 : 〒108-0071 東京都港区白金台5丁目11番2号 Barbizon20 4階
(4)設立年月日 : 平成18年7月2日
(5)主な事業内容:インターネット販促支援事業、Webメディアの運営、Webサービスの運営 ほか
(6)URL :https://bucket.co.jp/


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社バケット
担当 : 秋山
TEL : 03-6277-4096
E-MAIL:toiawase@bucket.co.jp

PR TIMES

「アプリ」をもっと詳しく

「アプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ