GreenSnapが高知県の多肉植物生産者と【高知多肉ブランド協議会】を発足!

11月27日(金)19時16分 PR TIMES

植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営するGreenSnap株式会社(東京都中央区、代表取締役:西田貴一)は、この度、高知県の多肉植物生産者と【高知多肉ブランド協議会】を発足したことをお知らせいたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/41711/32/resize/d41711-32-704733-0.jpg ]

■背景
現状、花や植物のブランディングは大半が品種名のみになっており、生産者や生産地の特性を活かしたブランディングが少ない状況になっております・.
そこで、GreenSnapのデジタルの発信力を使って、生産者のこだわりや地域の特徴などを発信できないかと考え、その中でもGreenSnapで一番人気の多肉植物を選定しました。
多肉植物を育てる上で重要になる太陽の光、日照時間が一番長いと言われている高知県の多肉植物の品質の良さに着目し、最大950万人が利用するGreenSnapのデジタル発信力を使って、ブランド化を推進していくことを決定しました。

■今回の取り組み
【高知多肉】ブランドを推進する上で、高知県の多肉植物生産者及び高知県とも連動して【高知多肉ブランド協議会】を発足いたします。
その中で、まずGreenSnapSTORE上で【高知多肉】のPR動画及びブランドページを作成し、GreenSnapユーザーへ向けPRを開始します。
また、高知県の多肉植物生産者である見元園芸、くぼファーム、エリオクエストの各生産者とも連携し、【高知多肉】ロゴやツールを統一化してブランド化を進めていく予定です、

高知多肉ブランドページ:
https://greensnap-store.jp/blogs/pages/kochi-taniku

高知多肉PR動画:
https://youtu.be/eJuA1q8L-YU

■今後の展開
今後はGreenSnap上での【高知多肉】ブランドPR,GreenSnapSTORE上での販売に加え、リアルイベントであるGreenSnapMarche(グリーンスナップマルシェ)への参加、生産者と連携した多肉植物の品種展開、ライブコマースなどのデジタル上での新しい手法での販売を推進いたします。
また、高知県の生産者ネットワークを拡大して【高知多肉】ブランドを展開していきます。
また、国内の各地域の生産者とも同様の取り組みを増やしていきたいと考えております。
:


■GreenSnapとは
GreenSnap社が運営する「GreenSnap」は、30~40代女性をターゲットとした植物に特化したSNSアプリです。植物の名前や育て方を調べたり、植物写真のタイムライン投稿やアルバム記録、ブログなどの機能を備えており、植物好き同士の活発なコミュニティも存在します。
ユーザー数はGreenSnap社運営メディア全体で最大月間950万人、1日最大40,000枚、累計950万枚もの投稿がされている、いま注目を集める植物メディアです。


▽GreenSnap Webサイト
https://greensnap.jp/

▽植物情報サイト「horti」
https://horti.jp/

▽植物のオンラインショップ「GreenSnapSTORE」
http://greensnap-store.jp

▽過去のプレスリリース一覧
http://greensnap.jp/news/category/release

PR TIMES

「植物」をもっと詳しく

「植物」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ