セキド、京都育英館と業務提携。中国人留学生の研修受け入れ、日本への就職をサポート

11月28日(木)18時25分 PR TIMES

当社での就業体験、独自の教育プログラムを実施

株式会社セキド(本社・東京都渋谷区、社長・関戸正実、証券コード:9878)は、学校法人 京都育英館と業務提携契約を締結しました。京都育英館に在籍する、日本で仕事をしたい学生に対し、セキドが運営するブランドショップ「GINZA LoveLove」で、接客・お店づくり等に関する当社独自の教育プログラムを提供するとともに、店頭で販売業務も経験していただきます。

実施の背景・概要
セキドは、ブランドショップ「GINZA LoveLove」を全国に14店舗展開しております。
中国人スタッフの採用を2015年から開始し、現在ではその規模を拡大させています。その背景として、当社独自の教育・研修プログラムを試行錯誤しながら作り、その一方で専属のメンタルケア担当者をつけ、来日して仕事をし生活する中国人スタッフが働きやすい環境づくりを進めてまいりました。その結果、日本人でも離職率の高い小売業界にありながら、中国人スタッフの離職率が平均を大きく下回るようになりました。それだけではなく、売上No.1を達成して部門責任者を担当するスタッフもでき、当社にとって中国人スタッフはなくてはならない存在となりました。

先日、新幹線教育グループ、上海商学院、北方黄金珠宝学院と業務提携をし、日本で働きたい優秀な中国人スタッフをさらに増やしていきたいと考えています。
また、10月1日には労働者派遣事業・有料職業紹介事業の許可を取得し、当社における優秀な人材の獲得を進めるとともに、他の企業へ紹介・派遣も行うことで、日本での就業を希望される方々を多数、受け入れてゆく予定です。
京都育英館には日本企業に就職したい中国出身の留学生が多く在籍し、優秀な中国人スタッフを増やしたいセキドとの両社の希望が合致したため、提携合意に至ったものです。
この度の提携により、京都育英館に在籍する学生は、日本語や日本の企業で勤めるにあたっての基本事項等を勉強したのち、セキドで「GINZALoveLove」店舗での販売体験、本社での商品・販促研修およびファッションの市場調査体験などの当社独自の教育プログラムを実施いたします。

今後の展望
当社では、インバウンド需要への対応といった短期的・即物的なものに限らず、長期的に海外からの優秀な人材採用・教育につながることをミッションとしてまいります。多くの優秀な人材を採用できる仕組みづくりをしていくとともに、社員の労働環境だけではなく、生活環境もより良くしてまいります。
また、労働者派遣事業及び有料職業紹介事業の許可を取得したことで、受け入れた海外出身のスタッフを、他の企業へ紹介・派遣を行うことができるようになりましたので、紹介料・手数料により当社の売上・利益を伸ばしてゆくという新しい事業への進出につなげてゆきます。
研修プログラムを体験された京都育英館の学生については、卒業後の進路についてセキド入社を希望すれば入社試験を受けてもらい、その他の業界を希望すれば他の企業も紹介することも視野に入れ、日本で働きたい優秀な中国人が安心して働ける環境づくりを進めてまいります。

学校法人 京都育英館について
1999年に学校法人 育英館が創立され、育英館が2013年に京都育英館を創立いたしました。京都育英館が運営しております「関西語言学院」は30年にわたり中国人留学生を対象とする教育事業を行っており、大きな実績を上げています。また、「苫小牧駒澤大学」には日本での就職を希望する中国出身の留学生が多数在籍しております。

この件に関するお問い合わせ先
http://www.sekido.com/contact

PR TIMES

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ