スマホで外出先からでも操作できるロボット掃除機 「ドン・キホーテ」から

11月29日(水)13時53分 J-CASTニュース

「ドンキ」がロボット掃除機をプロデュース

写真を拡大

総合ディスカウントストアのドン・キホーテ(東京都目黒区)は、プライベートブランド「情熱価格PLUS」から、ロボット掃除機「スマホとつながるWi-Fi対応ロボットクリーナー ERC-283」を、2017年11月29日に全国の「ドン・キホーテ」で発売する。


段差や障害物を判断 バッテリーが一定以下になると自動で充電ドックへ


専用アプリをスマートフォン(スマホ)/タブレットにインストールすれば、外出先からでも操作でき、付属のリモコンやスマホで前後左右への走行や清掃モードの変更、タイマー設定などが簡単に操作可能だ。


バッテリー残量が一定以下になると自動的に充電ドックへ移動して充電を開始。内蔵のセンサーで段差や障害物を判断。階段や玄関などからの落下、壁や家具などへの衝突を最小限に抑える。


容量1200mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、約2時間の充電で約60分の連続使用が可能だ。「自動」「マニュアル清掃」2つの清掃モードを搭載する。集じん容積は約0.25リットル。


リモコン動作確認用の単4形乾電池×2本、回転ブラシ2セット、ダストボックス、フィルター×2、充電ドック、ACアダプターが付属する。


価格は1万4800円(税別)。

J-CASTニュース

「スマホ」をもっと詳しく

「スマホ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ