大修館書店、探究×資料読み取りに関する中高教員向けオンラインセミナーを12月16日に開催

2023年11月29日(水)18時16分 PR TIMES

資料読解の能力育成に関する実践事例を、経験豊かなお二人の先生にご紹介いただきます!

株式会社大修館書店(東京都文京区、代表取締役社長:鈴木一行)では、中高向けオンライン型探究教材”アクチュアル”を通して、全国の学校での探究的な学びを支援しています。
新学習指導要領では小中高すべてで「データの活用」が重要視され、共通テストではどの教科でも複数資料を読み解く力が求められるようになっています。こうした流れを踏まえ、総合的な探究の時間や各教科で取り組める、資料読解の能力育成に関する実践事例を、早稲田摂陵高等学校・米田謙三教諭と東洋大学京北中学高等学校・岡かなえ教諭にご紹介いただくオンラインセミナーを開催することとなりました。
データ活用や資料読解にお困りの先生方、ご参加をお待ちしております。

[画像1: https://prtimes.jp/i/46209/17/resize/d46209-17-acbd5c4ee58b0b5d338a-0.png ]

セミナーのポイント


・総合的な探究の時間や情報I、国語で取り組める実践事例を取り上げます。
・知識を覚える学びではなく、生徒が主体的に取り組む事例のご紹介になります。
・岡教諭の実践は、大修館書店のオンライン型探究教材"アクチュアル"に教材として収録されており、学校ですぐに使えます。

こんな先生方におススメ


・資料読み取りの具体的な授業実践が知りたい
・国語のいわゆる実用文問題の対策となる取り組みを知りたい
・総合的な探究の時間にかかる負担が大きくて困っている

セミナー情報


ご登壇者
・米田謙三教諭(早稲田摂陵高等学校)
・岡かなえ教諭(東洋大学京北中学高等学校)

開催概要
・日時:12月16日(土) 14:00-15:20
・実施形式:オンライン(Zoom)
・参加対象:中高一貫校や高校の教員、教育委員会の方々
・参加費:無料

プログラム(予定)
1.資料読み取り・データ分析のトレンドと、情報Iでの事例紹介:米田謙三教諭
2.総合的な探究の時間や国語での事例&教材紹介:岡かなえ教諭
3.質疑応答
4.”アクチュアル”について

"アクチュアル"について


[画像2: https://prtimes.jp/i/46209/17/resize/d46209-17-9c13f614dd2e2482c0c2-1.png ]

探究学習は学校ごとに様々な取り組みがなされています。"アクチュアル"はそうした多様な取り組みに対応した教材を豊富に取り揃えた、オンライン型の探究教材です。教材のカスタマイズも簡単にできるので、探究学習をゼロから準備せずに済んで助かると、全国の中学校・高校でご評価いただいています。
■詳しくはこちら
https://lp.actual.quest/

お申込み


https://forms.gle/BDTNndEbTpjuzZuH9

PR TIMES

「資料」をもっと詳しく

「資料」のニュース

「資料」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ