中小企業経営力強化支援ファンド(令和2年度補正予算)「継承ジャパン投資事業有限責任組合」に出資を行う組合契約を締結

11月30日(月)13時16分 PR TIMES

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、所在地:東京都港区、理事長:豊永 厚志)は、令和2年度補正予算「中小企業経営力強化支援ファンド出資事業」において、LBPI株式会社が無限責任組合員として運営をする継承ジャパン投資事業有限責任組合に対して25億円の出資決定を行い、組合契約を締結しました。

「継承ジャパン投資事業有限責任組合」は、新型コロナウィルスの影響による経営環境の変化に伴い、事業承継・再編を通して地域の核となる中小企業へ投資・支援を行うことにより、日本各地で地域経済を支えている優れた事業を維持・成長させることを目指していくファンドです。本ファンドは引き続き出資者の募集を行うことで、総額40億円の規模とすることを目標としています。

中小機構では「中小企業経営力強化支援ファンド出資事業」に係る他のファンド運営者からの提案についても審査を進めており、組合契約を締結次第、公表を予定しております。引き続きファンド組成を通じて、国内中小企業の事業承継、事業再編・再構築を支援することにより、日本経済の活性化に貢献していきます。


◆「継承ジャパン投資事業有限責任組合」の概要


「継承ジャパン投資事業有限責任組合」は、LBPI株式会社(東京都港区/代表取締役・町田 一郎、牛越 直)が運営する、事業承継・再編を通した支援を主目的とする投資ファンドです。
LBPI株式会社は、400社以上の中小企業をコンサルティング、6本の中小企業再生ファンド等の運営実績を有しているロングブラックパートナーズ株式会社(LBP)の100%子会社です。本ファンドは、徹底した現場主義によるLBPグループの総力を挙げたハンズオン支援を行うことにより、事業の成長・磨き上げを行うファンドです。


<スキーム図>
[画像: https://prtimes.jp/i/21609/681/resize/d21609-681-446311-0.png ]


<制度の内容及び実績について>
中小企業経営力強化支援ファンドについて
https://www.smrj.go.jp/sme/funding/fund/favgos000000m88e.html

中小機構ファンド事業出資実績
https://www.smrj.go.jp/doc/supporter/supportter_fund_investment_04.pdf

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、事業の自律的発展や継続を目指す中小・小規模事業者・ベンチャー企業のイノベーションや地域経済の活性化を促進し、我が国経済の発展に貢献することを目的とする政策実施機関です。経営環境の変化に対応し持続的成長を目指す中小企業等の経営課題の解決に向け、直接的な伴走型支援、人材の育成、共済制度の運営、資金面での各種支援やビジネスチャンスの提供を行うとともに、関係する中小企業支援機関の支援力の向上に協力します。

PR TIMES

「補正予算」をもっと詳しく

「補正予算」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ