BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ソフトウェア資産管理者(SAM)のための国際認定資格が、2017年1月、日本で初めてオンライン受講可能に

@Press12月1日(木)11時0分
ウチダスペクトラム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:實本 雅一、以下 ウチダスペクトラム)は、2017年1月18日(水)に、日本で初めて、オンラインでのCSAM(Certified Software Asset Manager:認定ソフトウェア資産管理者)講習の提供を始めます。
(詳細: http://www.spectrum.co.jp/itam/CSAM.html )


■オンラインCSAM講習提供開始の背景
CSAM講習は、ソフトウェア資産管理の専門知識を身に着けるものとして2002年に米国IAITAM(国際IT資産管理者協会)本部で開始されて以降、世界では14年にわたり開催されてきました。日本でもこれまで要望のあった企業に対してオンサイトの講習を個別に行ってきたものの、このようにオンラインで一般的かつ定期的に広く参加者を募るのは、日本では初の試みとなります(※2016年11月末 当社調べによる)。オンライン講習の提供により、場所や時間の拘束が少なくなり、受講しやすくなることでソフトウェア資産管理への理解促進が期待されます。


■CSAM講習受講のメリット
そもそも日本市場では、IT資産管理に関する正しい理解や知識が乏しいために適切なツールやサービスの選定に苦慮する企業が多く、結果としてソフトウェアベンダーによる監査対応に長年苦しみ続けている企業が少なくありません。この講習を受けることによって、監査対応を効率的に実施するのはもちろんのこと、ソフトウェアライセンス最適化を実現するための知識の習得を可能とします。また、ITコストの削減や戦略的な予算の再配分などを行うことで、IT部門として会社の経営に貢献し、経営層にアピールできる知識や戦略を得ることができるでしょう。
またIT資産管理について、「まず何をしたらいいのかわからない」「本当にこれで合っているのだろうか」といった疑問を持っている企業のIT担当者にとっては、やるべきことの全体像が見え「次何をするべきか」が明確になるので、計画立案がしやすくなるといったメリットもあります。


IAITAM(国際IT資産管理者協会)日本支部長の武内 烈氏は、「CSAM講習はIT資産管理のベストプラクティスであるIBPL(IAITAM Best Practice Library)に基づいて設計されています。IT資産管理プロセスを理解し、体系的な仕事の進め方が身に付くため、飛躍的に業務の効率化が図れます。残念ながら未だにIT資産管理への適切な理解が浸透しているとは言い難いのが現状です。今やグローバルではデファクトスタンダードであるこの資格を、是非取得し、コンプライアンスやアカウンタビリティの確保などIT部門から企業基盤を盤石にする方法を学んで頂きたい」と述べています。

受験の前提条件としてCSAM講習の受講が求められます。2017年1月以降は、隔月毎に3月、5月と実施予定です。

詳しい開講スケジュール等はWEBサイトから
http://www.spectrum.co.jp/itam/CSAM.html


■ウチダスペクトラム株式会社について
1995年の事業開始当初より日本ではユニークな法人向けのソフトウェアライセンス販売事業を展開して21年の歴史を持つ。SAM(Software Asset Management)についての事業はいち早く2007年に着手し、SAM / ITAMマネージドサービス市場には2015年度より「ITAM統合ライフサイクルサービス」の提供を開始。2016年にはIAITAMの「IT資産管理ソリューションアワード2016」を受賞。その他にもソフトウェア調達のコンサルティングやWeb Procurement Systemによる調達・レポーティングサービス、グローバルに対応する集中購買BPO、テクノロジー・コンサルティングサービスなど、お客様が適切なソフトウェアライフサイクルマネジメントを推進するため、様々なサービスをワンストップで提供し続けている。

【会社概要】
商号  : ウチダスペクトラム株式会社
代表者 : 代表取締役社長 實本 雅一
所在地 : 〒104-0033 東京都中央区新川1丁目16番14号
      アクロス新川ビル・アネックス
設立  : 1995年3月
事業内容: ソフトウェアライセンス販売、及び契約/調達/導入/
      運用コンサルティング、
      IT資産統合管理サービス、
      IT基盤の計画/設計/導入/運用支援サービス
資本金 : 1億円
URL   : http://www.spectrum.co.jp/


■IAITAM(国際IT資産管理者協会)について
米国に本部を持ち、IT資産管理のベストプラクティスとして国際標準となっているIBPL(IAITAM Best Practice Library)の発行者。グローバルにIBPLをベースとした教育と認定資格を提供している。日本では年に一度IAITAM ACE JAPANを開催することでも知られ、IT資産管理の普及と正しい理解促進に尽力している。


<本件に関してのお問合せ>
ウチダスペクトラム株式会社
マーケティング担当:青木
contact@spectrum.co.jp
TEL:03-5543-6800

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「オンライン」「ソフトウェア」「資産」「日本」の関連トピックス

「オンライン」をもっと詳しく

注目ニュース
タカタ経営破たん 下請け従業員6万人の不安 J-CASTニュース6月26日(月)19時51分
エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題をきっかけに経営悪化に陥っていたタカタは、東京地裁に民事再生法の適用を申請、受理されたと2017…[ 記事全文 ]
晩婚晩産家計苦しめる年50万「ママ友費」 プレジデント社6月25日(日)11時15分
夫の小遣いは月1万5000円でおつりがくる。一方、専業主婦の妻関連の出費は“青天井”。[ 記事全文 ]
仮眠とコーヒー、「飲んでから寝る」のが正解だった! ダイヤモンドオンライン6月26日(月)6時0分
『週刊ダイヤモンド』7月1日号の第1特集は「攻める睡眠、守る睡眠」です。近年の脳科学の進歩によって、睡眠のメカニズムが少しずつ解明され、睡…[ 記事全文 ]
グーグル社員はなぜメールを使わないのか ダイヤモンドオンライン6月26日(月)6時0分
要約者レビュー読者のみなさんはグーグルにどのようなイメージをお持ちだろうか。最先端の企業であり、社内には素敵なカフェテリアがあって社員はラ…[ 記事全文 ]
FFGと十八銀、統合再延期か 公取委の承認審査難航で 共同通信 47NEWS6月27日(火)2時0分
ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と長崎県地盤の十八銀行が10月に計画する経営統合が、再延期を避けられない情勢となったことが26日、…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア