どんな人でも 入社半年で戦力化できる 「ヒルトップ式教育カリキュラム 」の 4大特徴とは?

12月1日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

鉄工所なのに、「量産ものはやらない」「ルーティン作業はやらない」「職人はつくらない」!

なのに、ここ10年、売上、社員数、取引社数、すべて右肩上がり。

そんな会社をご存じだろうか?

その名は、「HILLTOP株式会社」。京都府宇治市に本社がある。

今、この会社に、全国から入社希望者が殺到しているという。

その謎を解きに、記者は現地に飛んだ。

京都駅から近鉄・大久保駅で下車。タクシーで本社まで約5分。車を降り、本社を見上げた瞬間、度肝を抜かれた。

「ぴ、ピンク?こんな社屋、見たことない!」

とても鉄工所に思えない。

以前は、油まみれの“見るも無残な”鉄工所だったが、今や、宇宙・ロボット、医療・バイオの部品まで手がける「24時間無人加工の夢工場」へ変身。取引先はディズニー、NASAから一部上場のスーパーゼネコンまで今年度末に3000社超。社員食堂・浴室・筋トレルームがあり、「利益率20%を超えるIT鉄工所」とテレビで紹介され、年間2000人超が本社見学に訪れるという。

そして、最も注目されているのは、山本昌作代表取締役副社長の生産性追求と監視・管理型の指導を徹底排除した「人材育成」。「ものづくりの前に人づくり」「利益より人の成長を追いかける」「社員のモチベーションが自動的に上がる5%理論」を実践。入社半年の社員でも、ディズニーやNASAのプログラムが組めるしくみや、新しいこと・面白いことにチャレンジできる風土で、やる気あふれる社員が続出。

しかも、この経営者、鉄工所の火事で瀕死の大やけどを負い、1ヵ月間意識を喪失。3度の臨死体験。売上の8割の大量生産を捨て、味噌も買えない極貧生活をしたというから、まさに、個人も会社もどん底からのV字回復だ。

この20年、数々のカリスマ経営者を取材し続けてきた記者も、こんな面白い会社は見たことがない。

今回、7月19日に、初の著書『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』を刊行したばかりの山本昌作氏を直撃。人が採れない時代に、なぜ、京都の鉄工所が世界最先端のVIP企業から重宝され、日本中、いや世界中から入社希望者と見学者が殺到しているのか?

社員がイキイキ働きながら、がっちり儲かっている秘密を、HILLTOPの山本昌作副社長に語っていただこう。

(構成:寺田庸二)


「ヒルトップ式教育カリキュラム」のおもな特徴は、次の4つです。


●ヒルトップ式教育カリキュラムの特徴

 1. 職人のノウハウを「歴史」と「論理」と「技術」の3つに分ける

 2.「リアル」と「バーチャル」の両方を通じて、ものづくりを学ぶ

 3.「振り返りシート」を使って、PDCAを回す

 4. 入社半年間で、会社の「全セクション」を経験させる


1. 職人のノウハウを「歴史」と「論理」と「技術」の3つに分ける


●「昔気質のノウハウ」は「歴史」(記録)として知っておくだけでいい


 私の弟で専務の山本昌治は、当社の教育カリキュラムができた理由を次のように話しています。


「私たちの世代は、『仕事は、しんどいのがあたりまえ』『技術は目で盗め』と教えられてきました。

 けれど、それが本当に正しいのかを常に問いかけながら歩んできました。

 世の中の変化に応じて変えなければならないことは何か、一方で、変えてはならないことは何かを自問自答した結果として、ヒルトップの教育システムができたのです」(山本昌治)


 専務が言うように、時代は変化しています。

 ですから、かつての職人気質が必ずしも通用するわけではありません。

 ゲーム世代(小さい頃からゲーム機があった世代)に、「背中を見て覚えろ」「盗んで覚えろ」はナンセンスです。


 昔気質の職人さんが持っているものの多くは陳腐化しているのが実情で、職人さんのノウハウの3分の1は覚える必要がないと私は考えています。


 なぜなら、その3分の1は、歴史(=昔話)にすぎないからです。


 たとえば、「今はな、刃物はみんな用意されてるやろ。昔は今と違って用意されてなかったからな、こんなふうにして刃を研磨したんや」といった話は、「かつてはそうだった」という歴史認識でしかありません。


 今と昔では「覚えるもの」が変わっています。


 中国も、アメリカも、開発現場の世界的な主流は、ソリッドモデル(立体をコンピュータで表現するための3Dモデルのこと)です。


 当社の「ヒルトップ・システム」もソリッドモデルを扱っています。

 それなのに、日本の開発現場の多くは、いまだに2Dの平面データを使って設計しています。


 だとすれば、時代遅れになりつつある昔ながらの平面データではなく、ソリッドモデルを使った開発、設計、製造を学ぶべきです。


 今の新卒が、昔の職人がやってきたことを10年、20年、30年かけて身につける必要はありません。

 歴史は、「公知の事実」として知っておけばいいだけであって、同じことができるようになる必要はないわけです。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「教育」をもっと詳しく

「教育」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ