人的資本に関する情報開示のガイドライン「ISO 30414」の認証を取得!

2023年12月1日(金)16時16分 PR TIMES

〜フォーバルは国内7社目の認証企業〜

『「新しいあたりまえ」で、新しい世界を創る FORVAL 』を理念に掲げる、次世代経営コンサルタント集団である株式会社フォーバル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中島 將典、以下「フォーバル」)は、2023年12月1日付けで、国内7社目となる人的資本の情報開示に関する国際的ガイドライン「ISO 30414」の認証を取得しました。また、当社の人的資本に関する取り組みをまとめた「Human Capital Report 2023」を発行したことをお知らせいたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/104276/120/resize/d104276-120-9c637b3044bb28793fba-0.jpg ]


「ISO 30414」の重要性とは


 「ISO 30414」とは国際標準化機構(International Organization for Standardization)が発行した人的資本の情報開示に関する国際基準です。企業における人事・組織・労務に関する人的資本の情報について、定量化し、分析し、開示するための国際的な指標として設けられたガイドラインです。
認定を取得することで、投資家などの各ステークホルダーは人的資本情報を定量、定性の両面から把握することが可能になります。それによりこれまで以上に適正な評価が可能となります。

「ISO 30414」認証取得の背景・目的


 人的資本の開示の重要性が高まっている昨今、フォーバルでは、中小・小規模企業のリーディングカンパ
ニーとして、お客様の人的資本経営を支援するために、まず自社が率先して人的資本について学び、理解を
深めることから始めました。そして取り組みを進めていく中で、ISO 30414資格取得者を社内に養成するべ
きと考え、今年2月にはフォーバルグループに所属する5名が「ISO 30414リードコンサルタント/アセッ
サー」認証を取得しました。
人的資本経営は、これから中小・小規模企業の成長において重要事項となっていきます。当社として正しい知識と適切なアドバイスをすることで、大企業だけでなく、中小・小規模企業も人的資本経営でマーケットに「選ばれる企業」になれるように導いていくことを目的としています。
また、従業員の強みを最大限に活かし、非財務の企業価値を持つ「魅力ある企業」のイメージを社内外に広めていくことで、新たな機会を創り出し、企業価値の向上に貢献していきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/104276/120/resize/d104276-120-d5bcf68b9714f249a79f-1.jpg ]


「Human Capital Report 2023」概要


●トップメッセージ
●概要:会社概要・「社是」・「新しいあたりまえ」・「人権ポリシー」
●事業戦略: 5×3の「次世代経営コンサルティング」・マテリアリティ
●人材戦略:人材の育成に関する方針・フォーバルグループが目指す人材像
 フォーバルの労働力・ダイバーシティ・女性活躍推進
●人材育成:フォーバルパーソンとしての基盤づくり・事業人材育成・新しい働き方
●制度・環境:福利厚生・社員支援制度
●ISO 30414データ

「Human Capital Report 2023」
( https://www.forval.co.jp/pdf/HumanCapitalReport_2023.pdf )

株式会社フォーバルとは


企業経営を支援する次世代経営コンサルタント集団で、中小・小規模企業のDXアドバイザーのリーディング・プレーヤーであるフォーバル(資本金:41億50百万円、【証券コード:8275】)は、中小・小規模企業を対象に「情報通信」「海外」「環境」「人材・教育」「起業・事業承継」の5分野に特化したコンサルティングサービスをコアビジネスとしています。詳しくは、ホームページ( https://www.forval.co.jp )をご参照ください。

■会社概要
社名  :株式会社フォーバル
代表  :代表取締役社長 中島 將典
設立  :1980年(昭和55年)9月18日
所在地 :東京都渋谷区神宮前五丁目52番2号 青山オーバルビル14階
URL :https://www.forval.co.jp

PR TIMES

「資本」をもっと詳しく

「資本」のニュース

「資本」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ