元手タダ“家ゴミ→お宝化”計画(67)スタバのスリーブにも収集マニアが!

12月2日(月)10時0分 アサ芸Biz

スターバックス

写真を拡大

 仕事途中にコーヒーブレイク。外回りの会社員にとって至福の時間だ。そんなサボリーマンなら一度はスターバックスコーヒーに立ち寄ったことがあるはず。

 なんせシアトルから日本に上陸して全国を席巻。4年前に鳥取県に出店してからは、47都道府県全てに店舗を持つ。今や、日本最大のコーヒーチェーンだ。

 すでにスタバマニアも存在し、プレミアがついているグッズも多数ある。ヤフオクウオッチャーが言う。

「有名なのは、マグカップやタンブラーのご当地限定バージョンですね。地方それぞれの特色を生かしたデザインが施されているのですが、その地方の店舗でしか売られていない。当然、プレミアがつきます。さらに、ネットオークションで高額取引されるのは旧ロゴマークのものです」

 ヤフオクで「スタバ、旧ロゴ、ご当地」と検索すると多数の出品がある。中でも札幌限定の旧ロゴのマグは9万円で落札されている。もともと数千円の品であることを考えれば、みごとにお宝となっている。

 だが、マグやタンブラーを持っている時点で、もはやスタバマニア。ゴミとは思えず、簡単には売り飛ばせないのではないか。

「ホットをテイクアウトすると、ボール紙でできたスリーブというものが紙コップに巻かれます。あれにも期間限定のデザインがあって、収集家がいます」(ウオッチャー)

 これからは紙コップでコーヒーを飲んで、しっかりスリーブを保管せねば!

アサ芸Biz

「スタバ」をもっと詳しく

「スタバ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ