昭和大学医学・医療振興財団が今年度の昭和上條医療賞の受賞者を発表

12月2日(月)20時5分 Digital PR Platform




公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団(東京都品川区・理事長 山元俊憲)は、このほど2019年度の昭和上條医療賞受賞者を発表した。授賞式は12月16日、昭和大学上條記念館で執り行う。




昭和大学医学・医療振興財団は、国民の健康増進と医学・医療の発展に貢献するために設立された公益財団法人である。その事業の一つとして2014年度に創設した顕彰事業「昭和上條医療賞」は、地域保健医療及び医学・医療分野の教育において創造的かつ先駆的諸活動を行い、大きな成果をあげた実践者またはグループを顕彰する。昨今、助成事業が一般的とされるなか、顕彰事業に重点を置いた取り組みは同財団の特色といえる。今年度の受賞者は次のとおり。



[第6回「昭和上條医療賞」(2019年度顕彰事業)受賞者]


■地域保健医療貢献部門:2件


鈴木 央 (鈴木内科医院 院長)
「在宅医療、地域包括ケア推進」


布施 克也 (魚沼市立小出病院 院長(地域医療魚沼学校 校長))

「住民こそ医療資源」





■医療人育成部門:1件


千島 隆司(よこはま乳がん学校 代表(横浜労災病院包括的乳腺先進医療センター センター長))
「乳がん診療における『患者中心のチーム医療』の実践と普及」




▼本件に関する問い合わせ先
 公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団
 TEL:03-3783-6731


▼本件リリース元
 学校法人 昭和大学 総務課(広報担当)
 TEL: 03-3784-8059

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

Digital PR Platform

「医療」をもっと詳しく

「医療」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ