マウザー・エレクトロニクス、グローバル物流センターに最新鋭の垂直リフトモジュール(VLM)を導入

12月2日(月)13時25分 PR TIMES

[画像: https://prtimes.jp/i/34430/171/resize/d34430-171-868268-0.png ]

最新の半導体及び電子部品の幅広い品揃えと、新製品をいち早く市場に投入することに注力する、ネット販売商社のマウザー・エレクトロニクス(Mouser Electronics、本社: 米国テキサス州マンスフィールド、以下: マウザー)は、米国テキサス州ダラス近郊フォートワースのグローバル物流センターに最新鋭の垂直リフトモジュール(VLM)を導入し、米国での物流技術革新に新たな基準を打ち立てました。

垂直リフトモジュール(VLM)は、棚と自動昇降機を備えた強大な縦型ファイルキャビネットで、膨大な数の電子部品を保管します。従業員が稼働させると、VLMが部品をワークステーションまで直接運ぶので、作業効率と床面積のスペース効率が大幅に向上します。この自動化設備により、従業員の作業時間は45パーセント以上削減できます。

マウザーの社長兼CEOであるグレン・スミス(Glenn Smith)は、次のように述べています。「デジタル革命により、電子部品への需要が世界的に拡大しています。こうした需要を捉え、私たちは先端の自動化システムに多額の設備投資を行い、当社グローバル物流センターの在庫収納能力の拡張、および効率の最大化を実現しました」

現在、マウザーには11個の最新の垂直リフトモジュールを含め、55個のモジュールが設置されています。マウザーは、世界800社以上のメーカーから認定された正規代理店として、世界中で増大する顧客需要に向けて、在庫スペースの拡張と事業成長を図っています。垂直リフトモジュールは、オンライン上に掲載された部品の最大12万品番を在庫保管することが可能です。これにより、マウザーの物流チームは世界 63万人の顧客に向けて、注文処理を大きく効率化することができます。

スミスはさらに次のように述べています。「米国最大級の垂直リフトモジュールの導入は、作業のスマート化に対する当社の理念を実証するものであり、非常に嬉しく思っています。倉庫の約20,000平方メートルにおよぶ増床工事も半分以上終わり、当社物流チームは新規自動化システムに向けてその準備を進めています」

なお、このテキサス州のグローバル本社キャンパス内(約30ヘクタール)にある社屋も、約5,000平方メートルの拡張工事を行っています。工事完了時には、マウザーのグローバル本社および物流センターは、約90,000平方メートルに拡張され、SKU(ストック・キーピング・ユニット)数100万以上におよぶ膨大な電子部品およびテクノロジー製品の在庫保管が可能になります。マウザーは、バークシャー・ハサウェイ傘下のグループ会社で、昨年開設されたポーランド、フィリピン、ベトナム、およびブラジルのオフィスを含み、現在、世界27カ所に拠点を展開しています。

マウザーは、幅広い製品ラインと優れたカスタマーサービスを通して、先端技術による製品を提供し、設計技術者とバイヤーに向けてイノベーションの推進に貢献できるよう努めています。マウザーは、最新の設計プロジェクトに最適な最新の半導体および電子部品を世界でどこよりも幅広く取り揃えています。マウザーは顧客の設計リードタイムの短縮を支援します。マウザーは単に電子部品を売る会社ではなく、時間と利便性を提供する会社です。マウザーのウェブサイト Mouser.comは、絶えず更新されており、ユーザーが素早く製品を探せるよう高度な検索方法を提供しています。またMouser.comでは、データシート、サプライヤ別リファレンスデザイン、アプリケーションノート、技術設計情報、エンジニアリングツールも提供しています。

マウザーについて
マウザー・エレクトロニクスは、バークシャー・ハサウェイ社のグループ企業であり、数々の受賞歴を有する、半導体および電子部品の正規代理店です。提携メーカーの新製品を電子設計技術者およびバイヤーへいち早くお届けすることに注力しています。マウザーのウェブサイト Mouser.com は、多言語・多通貨に対応し、800社を超えるメーカーの500万点以上の製品を揃えています。マウザーは、世界27カ所のサポート拠点からクラス最高のカスタマーサービスを提供し、テキサス州ダラス南部にある7万平方メートル(東京ドームの約1.5倍)の施設から、223カ国63万人を超えるお客様に向けて製品を提供しています。詳しくは、http://www.mouser.jp をご覧ください。

商標
MouserおよびMouser ElectronicsはMouser Electronics, Inc.の登録商標です。その他記載されているすべての製品名、ロゴおよび会社名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

PR TIMES

「物流」をもっと詳しく

「物流」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ