最大4K画質で録画できる! 前後2カメラモデル

12月2日(月)13時25分 PR TIMES

「129PRODUO」-VIOFO JAPAN株式会社

◆発表商品
[画像1: https://prtimes.jp/i/47937/8/resize/d47937-8-838903-1.jpg ]

ブランド:VIOFO
商品名:129PRODUO
売価:(税抜)¥27800
製品URL:https://amzn.to/33BQRmY

【商品の説明】

【4K 超高解像度】
フロントカメラは最大4K UHD(3840×2160)録画に対応しています。リアカメラは最大フルHD(1920×1080)録画に対応しています。事故や路上のトラブルを記録するのはもちろん、美しい風景も4Kならではの鮮やかさで鮮明に記録できます。スタービスセンサーとの組み合わせでワンランク上のドライブレコーダーの画質をお届けします。

【前後 SONY スタービスセンサー搭載】
前後スタービスセンサー搭載で街灯が少ない暗い場所でも従来製品よりも明るく鮮明に録画できます。昼夜を問わず車の特徴やナンバープレートを逃さず記録します。レンズはF1.6の明るいレンズを搭載しています。高品質な7層のガラスレンズの採用で歪みが少なく鮮明な映像の記録を実現しました。

【WDR補正】
WDR(ワイドダイナミックレンジ)補正を搭載。トンネルの出入り口など明暗差の激しい環境や、夜間走行時に前方を走る車のナンバープレートの白飛びを抑え記録できます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/47937/8/resize/d47937-8-513546-2.jpg ]


【GPS搭載】
本体にGPSセンサーを搭載しています。リアルタイムの速度、日付/時刻、走行ルートを録画ファイルに記録できます(本体でON/OFF切り替え可能)。再生時にデータを駐車監視機能と合わせてご活用頂くことで盗難・当て逃げ事故の対策になります。

【高温・寒冷対策済み】
日本の四季環境に耐えられるよう厳選した「スーパーキャパシタ」を採用しました。夏場の高温や寒冷地など過酷な環境でも安定して動作できるように対策しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/47937/8/resize/d47937-8-913546-3.jpg ]


【Wi-Fi搭載(2.4GHz/5GHzデュアルバンド)】
本製品はWi-Fi(2.4GHz/5GHzデュアルバンド)を搭載しています。専用アプリをダウンロード頂くと画質や録画モードの設定・録画した映像を再生したりスマートフォンに転送することができます。新たに5GHz帯に対応したことで安定した動作と遅延の少ないストリーミングを実現しました。

【駐車監視機能(※オプション)】
別売の「VIOFO HK3 ACC降圧ケーブル」を接続することで、本製品の駐車監視機能をご使用頂けます。駐車監視機能は3つのモードからご使用頂けます。【オートイベント録画】衝撃を検知すると映像を記録します。【タイムラプス録画】任意の秒数ごとに記録された静止画を短い動画に圧縮して記録します。【低ビットレート録画】録画画質を下げて映像を記録します。※ストレージ容量がなくなると古いファイルから上書きされます。

【広角撮影】
画角は【フロント】130° / 【リア】140°です。街中の横断歩道の端から端まで死角のない映像を記録できる十分な画角があります。飛び出しや出合い頭の事故も逃さず記録します。

【音声記録(ON/OFF)切り替え可能】
車内の音声記録はON/OFF)切り替えに対応しています。車内のプライバシーを守るのはもちろん、万一の証拠として音声を記録することも可能です。

【2インチ液晶&物理ボタン】
本製品はコンパクトな薄型ボディを採用しています。取り付け後は純正品のような仕上がりであまり目立ちません。レンズがフロントガラスにより近い位置になるため映り込みも少なく鮮明に記録できます。本体には設定や録画した映像を確認できる2インチ液晶が搭載されています。操作しやすい物理ボタンも配置することで初めての方でも操作しやすいよう設計に配慮しました。

【安心の1年間保証&アフターサポート】
購入日より1年間の保証期間を設けております。公式ホームページでは日本語説明書や最新ファームウェアをダウンロード頂けます。

【技術仕様】


ブランド:VIOFO
製品名:A129 PRO DUO
イメージセンサー:【フロント】Sony Exmor R 8MP IMX317 / 【リア】Sony STARVIS CMOS 2.13M IMX291
画素数:【フロント】800万画素 / 【リア】213万画素
レンズ:F1.6 / 7枚 オールガラスレンズ
画角:【フロント】130° / 【リア】140°
ディスプレイ:2インチTFT
解像度:【フロント】4K UHD(3840×2160) / 【リア】フルHD(1920×1080) 30fps
映像補正:WDR(ワイドダイナミックレンジ)
マイク/スピーカー:内蔵(音声記録はON/OFF設定可能)
GPS:内蔵
Wi-Fi:内蔵 2.4GHz、5GHz デュアルバンド対応
緊急録画:○
動体検知:○
駐車監視機能:○
タイムラプス撮影:○
フォーマット:.MP4
ストレージ:MicroSD / 最大256GBまで対応
入力:ミニUSB
ループ録画:1分/ 3分/ 5分/ 10分
タイムラプス:オフ/100ms / 200ms / 1秒 / 2秒 / 5秒 / 10秒 / 30秒 / 3分 / 5分 / 10分
EV(露出)値:-2.0 ~ +2.0
対応言語:日本語、英語、中国語、ドイツ語、イタリア語など
作動温度範囲:-10℃ 〜 65℃
保管温度:-20℃~70℃
電源:DC5.0V/1A
サイズ:【フロント】84mm(L)×55mm(W)×40mm(H) / 【リアカメラ】53mm(L) x 31mm(W) x 50mm(H)

付属品


フロントカメラ
リアカメラ
リアカメラケーブル
シガー電源ケーブル
USBシガーチャージャー
フロントカメラ用 3M両面テープ
リアカメラ用マウント
リアカメラ用 3M両面テープ
ミニUSBケーブル
GPSマウント
内張り剥がし
配線固定 クリップ 5個

別売オプション

VIOFO HK3 ACC降圧ケーブル
別売の「VIOFO HK3 ACC降圧ケーブル」を接続することで、本製品の駐車監視機能をご使用頂けます。動体検知とGセンサーが搭載されているので、当て逃げや悪質ないたずらなどを逃さず記録できます。

偏光レンズ(CPL)
別売の「偏光レンズ(CPL)」を本体に取り付けることで、直射日光を受けたときなどに発生するレンズフレアや白飛びを抑えることができます。そのほか車のダッシュボードなどの反射やグレア低減も期待できます。

Bluetoothリモコン
リモコンからワンタッチで重要なビデオを保存およびロックできるため、道路から視線を外す必要がなくなり、運転が安全になります。

MicroSDカード
別売でVIOFOドライブレコーダーで動作確認済みのMicroSDカードを用意しています。※MicroSDカードを使用する前には必ず「FAT32」形式でフォーマットしてください。(推奨:(Samsung、Transcend、VIOFO / 非推奨:SanDisk)

キャンペーン情報
2019年12月2日〜2019年12月5日

[表: https://prtimes.jp/data/corp/47937/table/8_1.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/47937/8/resize/d47937-8-792868-0.png ]

【VIOFOとは?】
VIOFOは、2011年設立されたブランドです。フルHDから4K画質に対応した高画質なドライブレコーダーやアクションカメラなどのプロダクトを設計から製造・販売までトータルプロデュースしています。ヨーロッパやアメリカを中心に世界各国で年間300000台の販売実績があり、アメリカ市場では多くのお客様から支持されています。今年日本市場な初上陸です。

公式サイト:https://www.viofo.com
Twitter:https://twitter.com/VIOFOJP1
Facebook:https://www.facebook.com/viofo.japan/
VIOFO JAPAN (メーカー直営店):https://www.amazon.co.jp/viofo

PR TIMES

「カメラ」をもっと詳しく

「カメラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ