預金通帳って、いくらまで表示できる? 前澤氏1000億円動画で話題...銀行に聞いてみた

12月3日(火)12時15分 J-CASTニュース

ユーチューバー・デビューした前澤友作氏(2018年10月撮影)

写真を拡大

「ZOZO」創業者の前澤友作氏がユーチューバー・デビューした動画第1弾は、公開からわずか数日で再生数が100万回を超えた。前澤氏が実際に銀行に赴き、ATM(現金自動預け払い機)に通帳を入れ、入金された「1000億円」を記帳するという7分半の映像だった。

通常ではあまりお目にかかれない大きな金額とあって、前澤氏の動画内での報告内容にも注目が集まった。100億円以上になると、カンマ(コンマ、例「1,000」の「,」)表記が消えて数字のみが並び、また、金額欄の残りスペースの広さから推測して「(1000億円台から)あと桁が一つしか入らない」ようだとして、「10兆以上は入らない(編注:記載されない)んだ」とつぶやく場面もあった。記載される金額の桁の上限は、前澤氏の推測通りなのか。前澤氏が使った銀行など大手数行にJ-CASTニュースが聞いてみた。



約1020億円が記帳されていた




前澤氏が「1000億円を通帳に記載してみた」動画を公開したのは2019年11月29日。再生数は急速に伸び、数日後の12月2日には110万回を超え、3日朝には128万回超に達している。



動画では、記帳を終えた前澤氏が通帳の該当数字部分を眺めながら自身の「発見」を口にする場面や、数字部分のアップ映像もある。映し出された通帳には「(振込欄に)19・11・22 102008741097」と記載されている。11月22日に1020億874万1097円の入金があったということだ。保有していたZOZO株の売却益の一部だそうだ。



前澤氏は、ある時期に引き落とされた「5,920,101,814」(59億2010万1814円)や、残高欄の「96391128460」(963億9112万8460円)の表記の違いを指摘し、


「1020億だとカンマが無いんだね。59億の場合は入っている。100億以上いっちゃうとカンマは無いんだ」

と、つぶやく様に説明した。また、先に触れた約1020億円の金額が記載された欄の残りスペースの広さからの推測も披露し、


「あと桁が一つしか入らない。1兆(台)までは入るということ。10兆以上稼いじゃうと、もう入らないんだ。そこまで行かないと...無理か」

とおどけていた。



「100兆円台まで表示は可能」「12ケタ(1000億円台)まで可能」...




前澤氏の動画には、使った銀行の看板や通帳の表紙も映っている。J-CASTニュースは12月2日、この銀行の広報担当部署に、前澤氏動画で指摘された通帳の金額表示について確認を求めた。すると、「カンマ(コンマ)」については、前澤氏の指摘通りで、「10億円単位まではカンマありで、100億円以上ではカンマなし(数字のみの表記)」とのことだった。



一方、金額欄での表記・表示可能な額については、前澤氏の推測(1兆円台まで)とは異なり、


「100兆円台まで表示は可能」

とのことだった。回答は以上2点のみだった。



では、もし表示可能な額を超える1000兆円台以上の入金があった場合はどうなるのか。同じ銀行のある関係者によると、想定される取引では「100兆円台」の表示で対応可能だと考えるが、仮に1000兆円台以上の表示が必要となる取引が発生すれば、口座の分割を勧めることになるのではないか、と推測していた。参考までに日本の国家予算をみてみると、2019年度の一般会計当初予算額は「過去最大の101兆4571億円」(日本経済新聞、19年3月27日)だ。この予算額も「表示は可能」だということになる。



ほかの大手銀行にも「記帳の際の最大表示額(桁)を質問した。ある銀行は「12ケタ(1000億円台)まで表示可能」と回答。別の大手銀行の関係者にも聞いてみたが、「取引で想定され得る金額は対応(編注:表示)可能」としつつ、具体的な額については、セキュリティ上の問題などもあり、「公開していないはずだ」と話していた。

J-CASTニュース

「前澤友作」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「前澤友作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ