アマゾン、法人向け取引管理台帳データベースとマネージド・ブロックチェーンを発表

12月3日(月)8時0分 MONEYzine

 Amazon Web Services(AWS)は主催イベント「re:Invent」で、企業が取引を記録し管理するための2つのサービスを発表した。


■監査に対応する新しい台帳データベース


 Amazon Web Services(AWS)が発表した2つのサービスのうち、「Amazon QLDB(Quantum Ledger Database)」は、透明性、不変性、暗号による検証可能性を実現する台帳データベース。


 このサービスは、サプライチェーン、金融、製造、保険、人事などで利用できる。たとえば銀行は、顧客のクレジットの取り引きが複数の銀行口座で行われていることを記録する台帳のようなアプリケーションを利用している。リレーショナルデータベースを使ってこうしたアプリケーションを構築することもできるが、リレーショナルデータベースでは、監査に対応する機能を実装するのに時間がかかるうえ、人為的なミスも発生する。ブロックチェーンを利用することもできるが、アプリケーションの複雑さが増してしまう。


 Amazon QLDBは、削除や変更ができないジャーナルデータ、暗号化ハッシュ関数(SHA-256)を使用して、データの不変性、変更の整合性の検証可能性を実現。また、サーバーレスであるため、利用者は処理に必要なキャパシティがあるかを心配したり、設定を変更する必要がない。Amazon QLDBは現在、プレビュー版を利用することができる。


■簡単にブロックチェーンネットワークを構築


 一方、「Amazon Managed Blockchain」は、ブロックチェーンネットワークを使うことによって、信頼できる中央の認証機関を必要とせずに、複数の関係者が取引を行うアプリケーションを構築可能にする。


 利用者はAWS Management Consoleで数回クリックするだけで、オープンソースのフレームワークであるEthereumとHyperledger Fabricを使って、スケーラブルなブロックチェーンネットワークを構築することができる。複数のAWSアカウントがそのネットワークを用いて、大量のアプリや取引を管理することが可能になるほか、Amazon Managed Blockchainは、QLDBの内部に取引の複製を作成することも可能となっている。


 Amazon Managed Blockchainは、現在プレビュー版(Hyperledger Fabric)を利用することができる。Ethereum対応は近日中に始まる予定だ。


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

アクセンチュアとチューリッヒ・ベネルクス、保証証券を管理するブロックチェーンソリューションを発表

日銀レビューで「アマゾン・エフェクト」を分析、ネット通販に物価押し下げ効果

みずほ銀行、「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」を導入

MONEYzine

「取引」をもっと詳しく

「取引」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ