働き方変革をテーブルがサポート昇降デスクを効果的に使うためのアプリ連携開始

12月3日(月)13時40分 PR TIMES

 株式会社イトーキ(本社:東京都中央区 社長:平井嘉朗)は、一人ひとりの体格差やワークスタイルの変化に合わせて天板の高さを自由に変える電動上下昇降デスク「toiro(トイロ)」と、オフィス活動計測アプリ「Workcise App(ワークサイズアプリ)」の連携を2019年1月より開始いたします。

 近年、働き方改革や健康経営に取り組まれる企業で昇降デスクの導入が増加していますが、一人ひとりの働き方に合わせて効果的に継続使用するにはどうしたらよいかが課題でした。
 この度、スマートフォンで計測した活動量をもとに、長時間座りすぎの人にテーブルを微昇降※1させてお知らせする機能(特許出願中)をはじめ、より効果的に「toiro」を使用していただけるよう「Workcise App」をアップデートいたします。座りすぎ防止以外にも、タイマー設定による会議のタイムマネージメントや、自動で一人ひとりの体格に合わせた姿勢をサポートすることも可能です。

 イトーキは、明日の「働く」をデザインする企業として、さらに多くのお客様の健康経営に貢献するための研究開発を進め、健康で安全安心な機能とデザインを両立させた製品をお届けしてまいります。
※1微昇降:約1cmの昇降動作を繰り返します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/32317/38/resize/d32317-38-752002-0.jpg ]



【主な特徴】
■立つタイミングをデスクがお知らせ
アプリで計測されるデータから、1日の消費カロリーが少ない・座位姿勢が連続した場合を検知します。
不健康な状態が続くと“デスク天板が微昇降”し、立位姿勢への切り替えをアラートします。


[画像2: https://prtimes.jp/i/32317/38/resize/d32317-38-803045-3.jpg ]


■タイムマネージメントをテーブルがサポート
微昇降機能をタイマー設定することができます。例えばミーティング終了予定時刻の5分前にセットするなど、
タイムマネージメントをサポートします。
[画像3: https://prtimes.jp/i/32317/38/resize/d32317-38-677839-2.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/32317/38/resize/d32317-38-841565-6.png ]

■サービス提供開始
iOS : 2019年1月 / Android : 2019年3月 予定

■デスク・テーブル用オプション
※ワークサイズアプリとトイロとの連携には、別途通信ユニット(Bluetoothアダプタ)が必要となります。
Bluetoothアダプタ
【価格】
[画像5: https://prtimes.jp/i/32317/38/resize/d32317-38-952757-1.jpg ]

7,900(税抜)
【仕様】
 ・適合規格 : Bluetooth4.0
 ・周波数範囲 : 2.402〜2.480GHz
 ・伝送距離 : 最大約10m
  ※使用環境により異なります。


[画像6: https://prtimes.jp/i/32317/38/resize/d32317-38-155400-5.png ]


「Workcise(ワークサイズ)」とは、「Work(働く)」と「Exercise(健康活動)」を組み合わせた造語です。
屋外やスポーツジムなどで行う健康活動ではなく、たとえば立って仕事をする、誰かの席まで歩いていくといった“仕事にも健康にも良い行動”のことです。
当社では2012年以来、日常の働き方にワークサイズを取り入れることで、日々の行動の積み重ねによる健康づくりへの意識を促し、日本のワーカーが元気になる環境創りに取り組んでまいりました。
厚生労働省 「第3回 健康寿命をのばそう!アワード」 厚生労働大臣優秀賞受賞をはじめとし、数多くの社外の組織・団体から高い評価をいただいております。

詳細につきましては、以下のサイトをご覧ください。
■ワークサイズスペシャルサイトはこちら ⇒ https://www.itoki.jp/solution/workcise/

【本リリースへのお問い合わせ先】
株式会社イトーキ お客様相談センター(フリーダイヤル) TEL 0120-164177
受付時間:9時〜17時(土・日曜日・祝日・夏季休業日・年末年始除く)

PR TIMES

「働き方」をもっと詳しく

「働き方」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ