2020年春、累計400万部の人気絵本シリーズが初の大規模展覧会を開催 「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」

12月3日(火)11時35分 PR TIMES

松屋銀座にて2020年4月22日(水)から5月6日(水)まで。名場面の絵本原画、スケッチなど約150点を展示。

世代を超えて愛される絵本『ねずみくんのチョッキ』(1974年刊行)。シリーズ累計400万部を超え、現在35巻まで続く人気作は、作家・なかえよしを、画家・上野紀子夫妻の共同作業によって生まれました。この名作の誕生45周年を記念して、松屋銀座では、初めての大規模展覧会「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」を、2020年4月22日(水)から5月6日(水)まで開催いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/31579/134/resize/d31579-134-905871-0.jpg ]

世代を超えて愛される絵本『ねずみくんのチョッキ』(1974年刊行)。シリーズ累計400万部を超え、現在35巻まで続く人気作は、作家・なかえよしを、画家・上野紀子夫妻の共同作業によって生まれました。この名作の誕生45周年を記念して、松屋銀座では、初めての大規模展覧会「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」を、2020年4月22日(水)から5月6日(水)まで開催いたします。

[画像2: https://prtimes.jp/i/31579/134/resize/d31579-134-417706-2.jpg ]



『ねずみくんのチョッキ』は、鉛筆で描かれたモノクロの絵と最小限の文章が、大きな白い余白の中に配置されるという 構図の美しさが強烈な印象を与え、刊行当時、絵本としては型破りなスタイルとして大きな話題となりました。本展開催を記念して、シリーズ最新作となる36巻目の絵本の刊行を予定しており、1巻目を含む名場面の絵本原画、スケッチなど約150点を展示します。さらに、2019年2月28日、残念ながら78歳で逝去された上野先生が絵を手掛け、小学校の教科書にも掲載された『ちいちゃんのかげおくり』の原画や、シュルレアリスムの油絵「少女チコ」シリーズの作品なども展示し、上野先生の絵の世界をご紹介します。また、ねずみくんの世界に入り込んだようなフォトスポットを会場に設置、鑑賞以外のお楽しみも予定しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/31579/134/resize/d31579-134-920213-1.jpg ]



「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」
会期:2020年4月22日(水)〜5月6日(水)10時〜20時
※入場は閉場の30分前まで(4月23日(木)は18時、最終日は17時閉場。)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
主催:ねずみくんのチョッキ展実行委員会
特別協力:ポプラ社
入場料:一般800円(600円)、高校生600円(500円)、小中学生400円(300円)
※(  )内は前売料金。前売券は各種プレイガイドにて4月21日(火)まで販売予定。
問合せ:松屋銀座 03‐3567-1211(大代表)

PR TIMES

「絵本」をもっと詳しく

「絵本」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ