在庫管理システムで注意メッセージ一体型バーコードラベルを発行 商品の取り間違えと取り扱いミスを同時に防ぐ

12月4日(月)10時0分 @Press

在庫管理ソリューションベンダーの株式会社インフュージョン(所在地:横浜市、代表取締役:角 三十五・かど みそご)は、2017年12月13日(水)より主力サービスのクラウド/SaaS型在庫管理システム「在庫スイートクラウド」において、赤印刷による注意メッセージ一体型バーコードラベル発行機能を新たに提供することを発表します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/144610/LL_img_144610_1.jpg
在庫スイートクラウドと注意喚起バーコードラベル

▼「在庫スイートクラウド」詳細や資料・体験版請求はこちら
http://www.infusion.co.jp/


【「在庫スイートクラウド」について】
保管された実在庫をリアルタイムに把握するシステムをクラウド/SaaSで提供しています。
医療研究機関の試薬管理から大型ネット通販の物流センターまで、シリーズ累計250拠点以上に導入されています。

<提供背景>
ネット通販の拡大により、物流の人手不足が顕著となっています。時給の高騰ぶりがニュースになるなど、人材の争奪戦が激しさを増しています。作業者の転職やバイト替えが増えることで、慣れてない人でもスムーズに作業できる環境作りがより一層求められます。
商品や部品・材料を扱う倉庫において、商品の取り間違えは商品に付いたバーコードを活用することで防ぐことができます。しかし「折曲厳禁」といった取り扱いに関する情報は、注意喚起ラベルが段ボールに貼られることはあっても、コストやスペースの問題で商品には貼られません。取り扱いに関する情報を、作業者にどのように伝えるかが課題となっていました。

<特長>
「在庫スイートクラウド」は、2017年12月13日(水)より、商品バーコードと赤印刷の注意喚起メッセージを一体化した省スペースなラベル発行機能を新たに搭載します。メッセージは商品ごとに設定でき、取り違えミスと取り扱いミスを同時に防ぎます。
今後は、自社でラベル発行を行うネット通販倉庫やメーカーの製品・原料倉庫を中心に本ラベルによる改善効果を訴求し、1年間で100契約を目指します。

<価格>
・初期設定費用:30万円から(税抜)
・月額費用 :3万円から(税抜)

<参考画面>
画像1:在庫スイートクラウドと注意喚起バーコードラベル
https://www.atpress.ne.jp/releases/144610/img_144610_1.jpg
画像2:注意喚起バーコードラベル
https://www.atpress.ne.jp/releases/144610/img_144610_2.jpg


【会社概要】
社名 : 株式会社インフュージョン
URL : http://www.infusion.co.jp/
設立 : 2001年10月
資本金 : 1,000万円
代表者 : 代表取締役 角 三十五(かど みそご)
所在地 : 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-8 KDX新横浜ビル

<事業内容>
インフュージョンは在庫管理・倉庫管理の改善支援を目指し、業務ソフトウェアを開発・販売。主力製品である「在庫スイートシリーズ」を軸に展開し、近年はコンサルティング依頼も増加。
※本ニュースリリースに記載されているその他のブランドおよび製品名は各所有者の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「体型」をもっと詳しく

「体型」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ