<決勝大会 結果発表>東京発・世界を変える起業家とビジネスを輩出するスタートアップコンテスト『TOKYO STARTUP GATEWAY』

12月4日(火)14時40分 PR TIMES

今年で5回目を迎える、東京発・世界を変えるスタートアップコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY」。12月1日(土)「決勝大会-THE FINAL-」が、スターライズタワーにて開催。

[画像1: https://prtimes.jp/i/12113/28/resize/d12113-28-849116-0.jpg ]


今年は1,229名の中から10名が決勝に進み、超満員(約400名)の観客の前で、5分間のプレゼンテーションを行った。審査員には、東京大学教授 産学協創推進本部イノベーション推進部長 の各務 茂夫氏とほか3名(別途記載)、そして表彰式には、都知事も駆けつた。
最優秀賞は、東京大学獣医学科4年生 遠藤 玲希央さんの「トークンエコノミーでペット業界からビジネスと倫理を両立させる」。トークンエコノミーによるペット系口コミ情報プラットフォーム「parnovi(ぱるのび)」で「倫理的に正しい人が報われる社会」を作り、持続的な社会課題解決をするというもの。優秀賞は、清水 章矢さんの「10分1000円からの治療をしない予防歯科Hakara」と、丸山 亜由美さんの「アート&デザインからワクワクできるヘルスケアをつくろう」。そして観客からの投票で決まるオーディエンス賞は、同票で遠藤 玲希央さんの「トークンエコノミーでペット業界からビジネスと倫理を両立させる」と清水 章矢さんの「10分1000円からの治療をしない予防歯科Hakara」のW受賞となった。
尚、今回のファイナリスト10名は、12月上旬から3月下旬にかけて開催されるTOKYO STARTUP GATEWAYのアクセラレーションプログラムに参加する予定である。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12113/28/resize/d12113-28-537998-1.jpg ]



<開催概要>
タイトル: TOKYO STARTUP GATEWAY 2018 THE FINAL(コンテスト部門決勝大会)
日  時: 2018年12月1日(土)13:30〜19:00(13:00開場)
会  場: STAR RISE TOWER 東京都港区芝公園4-4-7 東京タワーメディアセンター内
大江戸線 赤羽橋駅 / 赤羽橋口 徒歩5分 日比谷線 神谷町駅 / 1 徒歩7分 三田線 御成門駅 / A1 徒歩6分
参 加 費 : 無料
主  催: 東京都   運営事務局: 認定NPO法人ETIC.

<審査員>
・各務 茂夫 氏(審査員長)東京大学教授 産学協創推進本部イノベーション推進部長
日本ベンチャー学会 理事・副会長/NPO法人アイセック・ジャパン会長(代表理事)
・中村 友哉 氏 株式会社アクセルスペース 代表取締役CEO
・福田 浩士 氏 株式会社meleap(HADO) CEO
・米倉 史夏 氏 株式会社Waris 共同代表

<受賞者>
〈最優秀賞〉
・遠藤玲希央さん『トークンエコノミーでペット業界からビジネスと倫理を両立させる』
〈優秀賞〉
・清水章矢さん『10分1000円からの治療をしない予防歯科Hakara』
・丸山亜由美さん『アート&デザインからワクワクできるヘルスケアをつくろう』
〈オーディエンス賞〉同票W受賞
・清水章矢さん『10分1000円からの治療をしない予防歯科Hakara』
・遠藤玲希央さん『トークンエコノミーでペット業界からビジネスと倫理を両立させる』

<その他ファイナリスト>
・伊勢川 暁さん AIで会議を短く創造的にする「minmeeting」
・稲葉 可奈子さん 「子どもをのぞんでいる人が産める」当たり前のことが当たり前な世の中に!
・加藤 洋平さん もっと手軽にもっと美味しく!280年ぶりの「日本茶」革命
・齋藤 佳奈さん 日本の衰退する伝統楽器「三味線」をCOOL JAPANへ!
・田ヶ原 絵里さん 食べられないものがある31億人の外食を救うスマホオーダーアプリ
・東使 勇樹さん その方らしさに、深く寄り添った当て字の贈り物
・樋口 雅範さん 次世代の教育インフラの構築による、教育格差の改善


[画像3: https://prtimes.jp/i/12113/28/resize/d12113-28-878774-2.jpg ]


==========================
〈開催背景〉
東京都は「スマートシティ構想」にて、2015年度に5.6%であった都内の開業率を、2024年度までに10%台(米国・英国並み)へと増加させることを目標にしています。起業への関心を若者を中心とした幅広い層に向けてもらうことを目指し、本コンテストを開催。
==========================
〈TOKYO STARTUP GATEWAYとは〉
[特徴1.]ブラッシュアップ・育成型のビジネスプランコンテスト
[特徴2.]応募の時は明確なビジネスプランは必要なく、400文字のアイデアから応募が可能
[特徴3.]15歳〜39歳までの個人の若者を対象
[特徴4.] 多様なテーマをカバーするメンター陣
都の開業率向上に向けて、起業の門戸拡大に向けて始められた、東京都主催・ETIC.が事務局の本プログラムも、今年で5期目を迎えます。この4年間で既に70人以上がアイデア段階からの起業を果たし、メディア等でも徐々に注目を集める若手起業家も誕生しはじめています。https://tokyo-startup.jp
==========================
〈NPO法人ETIC.とは〉
ETIC.は、1993年、学生起業家の全国ネットワーク組織として活動開始。一貫して自ら社会に働きかけ、価値を生み出していく起業家型リーダーの育成に取り組んできました。 1997年よりITスタートアップやソーシャルビジネスの「起業家の右腕インターンシップ」を事業化。これまで4500人の学生が参加。これまで1200名の起業家を輩出。

PR TIMES

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ