SaaS認証基盤HENNGE Oneの連携ソリューションに世界で1番使用されているドキュサインの電子署名を追加

12月4日(水)13時55分 PR TIMES

[画像: https://prtimes.jp/i/7098/8/resize/d7098-8-524209-0.png ]


HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、SaaS認証基盤(IDaaS)のHENNGE Oneが、ドキュサインの電子署名に対応したことを発表します。

紙で行われていた業務を電子化する動きが広がりをみせています。合意・契約・稟議などにおける一連のワークフローのデジタル化も例外ではありません。ドキュサインが提供し、世界180カ国、53万7千社以上、数億人が使用する、世界で1番使用されている電子署名「DocuSign eSignature」とSaaS認証基盤(IDaaS)HENNGE Oneが連携することで、さまざまな場所、端末から、時間を問わず安心してドキュメントの署名・送信・管理が可能になります。

HENNGEでは今後もSaaS認証基盤(IDaaS)のHENNGE Oneと連携するSaaSを増やし、企業の利便性と安全性の両立したSaaS導入を支援してまいります。


■DocuSignについて
ドキュサイン(DocuSign)は合意・契約をクラウド上で実現するプラットフォーム「DocuSign Agreement Cloud」を提供し、企業や組織の合意・契約・稟議プロセスを自動化します。ドキュサインの電子署名「DocuSign eSignature」は、DocuSign Agreement Cloudが提供する製品の1つで、世界180か国以上で53万7千社以上が導入し、数億人以上が利用する、世界で一番使われている電子署名です。ドキュサインとDocuSign Agreement Cloudの詳細は、ウェブサイト(https://www.docusign.jp/)をご覧ください。ドキュサイン・ジャパン株式会社は米DocuSign, Inc.の日本法人です。

■HENNGE Oneについて
Office 365、G Suite、Box、LINE WORKSなど、さまざまなクラウドサービスに対して横断的に、セキュアなアクセスとシングルサインオン機能などを提供するSaaS認証基盤(IDaaS)。

■HENNGE株式会社について
「テクノロジーの解放」を理念に、独自の技術や時代に即した新しいテクノロジーを探し出し、他社に先駆けて、テクノロジーと現実の間のギャップを埋めるサービスを開発しています。

会社名:HENNGE株式会社
所在地:東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
代表者:代表取締役社長 小椋 一宏
URL:https://hennge.com/


<本リリースに関するお問い合わせ先>
HENNGE株式会社
Corporate Communication Office Division
担当:山本
Mail:info@hennge.com
Tel:03-6415-3660

PR TIMES

「署名」をもっと詳しく

「署名」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ