クラウドインテグレーターのオルターブース、クラウドネイティブ化支援サービスのKOSMISCHをAzure Marketplace上で公開

12月4日(水)12時35分 PR TIMES

クラウドネイティブ化ソリューションを提供する株式会社オルターブース (本社:福岡県福岡市、代表取締役:小島 淳、以下 オルターブース)は、2019年7月5日に正式リリースしたサービスブランド「KOSMISCH(コーズミッシュ)」をAzure Marketplace上で公開しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/43685/11/resize/d43685-11-950415-1.png ]


【公開の背景】
2020年1月にWindows Server 2008/2008 R2のサポート終了が迫り、サーバーの更改とともに既存のアプリケーションのクラウドシフトが求められています。
しかし、既存のアプリケーションをクラウドネイティブに移行(マイグレーション)するためには、開発者に幅広い知識と高度な技術が必要となり、移行に苦戦している企業が多いのが現状です。
そこでWebアプリケーションのクラウドネイティブマイグレーションを支援するKOSMISCHによって、クラウドネイティブ化への強力な後押しをしていきたいと考えた結果、Azure Marketplace上で公開をすることが決まりました。
Azure Marketplaceは日本のみならず全世界のユーザーが利用することができるため、より多くのお客様に貢献できると考えています。

【今後の展望】
Azure Marketplace上での公開を通じ、リフトアンドシフトに依存しないクラウドマイグレーションをさらに活性化させていくことができます。
現在は.NETアプリケーションのみの対応ですが、より幅広くKOSMISCHをご活用いただけるよう、今後はその他の言語でも対応していく予定です。

【日本マイクロソフト株式会社様からのコメント】
この度の株式会社オルターブース様のKOSMISCHのAzure Marketplace公開を心より歓迎いたします。KOSMISCHは.NET Framework で作られているアプリケーションをはじめ、Web アプリケーションのクラウドネイティブ化に苦慮されているお客様にとって、スピーディー且つより効率的に移行を促進するソリューションです。
日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の持つ様々なPaaSサービスを組み合わせることでお客様のアプリケーションのイノベーションを大きく後押しするソリューションであると確信しております。引き続き日本マイクロソフトはオルターブース様との協業を通し、お客様のデジタルトランスフォーメーションを推進してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 パートナービジネス本部 統括本部長
安藤 浩

【KOSMISCHについて】
KOSMISCHはお客様が保有するアプリケーション資産のソースコードを解析し、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」をはじめとするパブリッククラウドを実行環境とするアプリケーション構成への改善提案レポートを提供するサービスです。
KOSMISCH:https://kosmisch.jp/
[画像2: https://prtimes.jp/i/43685/11/resize/d43685-11-928937-0.png ]

※Microsoft、 Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標 または商標です。

PR TIMES

「株式会社」をもっと詳しく

「株式会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ