哲学を生活に活かし、人間力を磨く季刊『人間会議』2019冬号 12月5日発売

12月4日(水)16時55分 PR TIMES

リスク社会を生きる知恵を多様な観点から提示/地域企業の革新を牽引するキーパーソン

学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学(本部:東京都港区、学長:田中 里沙)出版部は、哲学を生活に活かし、人間力を磨く季刊『人間会議』2019冬号を発行します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/36930/13/resize/d36930-13-656815-0.jpg ]


昨今、自然環境および人間社会で様々なリスクが顕在化し、個人のライフサイクルや社会の向かう方向が不透明となり、不確実性が高まっていると言われます。そのような状況下では、個々の実践のみならず、長期的なビジョンや理念を持つことの重要性が一層高まります。哲学・社会学の見地から、リスクを企業活動や日々の暮らしで適切に捉え、対策・予防策を講じるうえでの多様な視点を提供します。

◆最新号のポイント


特集1:自然災害・疾病・金融・環境化学物質など社会の多様なリスク要因を例にとり、その発生低減・撲滅に取り組む第一線のキーパーソン・有識者より寄稿
特集2:日本の高度成長を牽引した地域が新たな変遷を遂げる今、粘り強い努力と絶えることのない熱意で産業振興を推し進める多様な実践をキーパーソンに聞く
特別寄稿:J-waveラジオパーソナリティや『サンデーモーニング』での出演をはじめ、難民取材を継続的に行う気鋭のフォトジャーナリスト・安田菜津紀氏、日本思想史をベースに論壇で旺盛な活躍を見せる日本大学教授・先崎彰容氏 等
イベントレポート:次世代の新エネルギーとして注目の高まる水素の利活用をめぐって、官民が論じ合う「水素閣僚会議」など環境戦略の最先端動向を幅広く紹介


◆読者対象
経営層、環境・CSR・経営企画室、学識者NGO・NPOなど環境に対する関心の高い方々

◆媒体概要
『人間会議』2019冬号
2019年12月5日発売/A5 208ページ/本体1,000円(税込)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07ZW9PYNN/

◆『環境会議』『人間会議』について

[画像2: https://prtimes.jp/i/36930/13/resize/d36930-13-839853-1.jpg ]

編集・発行: 事業構想大学院大学 出版部
発売元: 日本ビジネス出版
発行時期: 年4回(3月・6月・9月・12月)
発行部数: 50,000部
販売方法: 全国書店および定期購読、直販

『環境会議』『人間会議』は2000年の創刊以来、社会貢献クラスを目指すすべての人に役だつ情報を発信しており、現在は事業構想大学院大学出版部が編集・発行を行っています。同誌は企業の経営層、環境・CSR部門、経営企画室をはじめ、環境や哲学・倫理に関わる学識者やNGO・NPOといったさまざまな分野で社会貢献を考える方々のコミュニケーション・プラットフォームとなっています。また読者層は企業の経営層・国内外機関の幹部をはじめとして、グローバルな社会経済構造の変化をいち早く認識し問題解決志向をもち、社会貢献を重視する方々です。詳細はHP( https://www.projectdesign.jp/feature/kankyoningen/ )をご覧ください。

学校法人 先端教育機構 事業構想大学院大学 出版部
Tel:03-3478-8402 Email:support@mpdpress.jp

PR TIMES

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ