菱洋エレクトロ、2020年春よりDaaS(Device as a Service)の提供を開始

12月4日(水)17時45分 PR TIMES

PCの導入から運用支援、保守までをトータルでサポート『所有する』から『利用する』へ

エレクトロニクス商社の菱洋エレクトロ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村守孝、以下「菱洋エレクトロ」)は、2020年の春、デバイスの企業向けサブスクリプションサービスDevice as a Service(以下、「DaaS」)の提供を開始することを発表いたします。

働き方改革を実現するクラウド利用やテレワークが浸透する中、今や業務に欠かすことのできないツールであるPCは、モバイル性やパフォーマンスのようなデバイスの仕様検討の他に、定期的に行われるOSやソフトウェアのアップデートに対応することがデバイス選定の際に重要視されています。
このたび菱洋エレクトロが提供を開始するDaaSは、こうしたOSやソフトウェアアップデートへの対応を含めて、PCの導入から運用までをワンストップで利用できる月額課金型のサービスです。DaaSを利用されるお客様は、購入することなく最新のPCやソフトウェアが利用可能なため、経年によるPCの故障や買い替えのサイクルを考慮する負担が軽減されます。最新仕様のPCへのアップグレードも手軽で容易となるため、PCの処理能力が高まることで社員の生産性が向上し、企業の業務効率化を強力にサポートすることを実現します。また店舗のような現場業務の生産性向上、コミュニケーションギャップの解消などの施策を導入するうえで、初期投資の低減化を実現します。

このたび菱洋エレクトロがDaaSとしてご提供するデバイスには、インテル(R) Core™ プロセッサー・ファミリーをはじめとした高性能プロセッサー、OS、Microsoft365、そして店舗運営に適した業務伝達アプリケーション「WOMS」*といった、業務最適化を支援するサービスを多数ご用意し、お客様の使用用途に合わせてカスタマイズしたものをご提供します。ビジネスツールとしてのPCの販売にとどまらず、高い付加価値のソリューション提供の一環として、機器の導入から運用支援、保守までをトータルでサポートいたします。

* WOMS(Work Order Management System)= チェーンストアで本部から店舗に向けて出される業務指示や店舗からの報告やフィードバックを効率的に管理できる、双方向型業務指示ツール。主に店舗や製造現場での業務指示や伝達事項を確実に伝え、ネットワーク間で情報の共有における負担を軽減し、組織力向上に役立つ。画面のデザインや操作性がシンプルで、デジタル機器の利用に慣れていない非IT企業などの従業員が活用しやすい点も特徴。
https://www.ryoyo.co.jp/product/ict/ict-service/woms/


[画像: https://prtimes.jp/i/41334/17/resize/d41334-17-391664-0.png ]


【日本マイクロソフト様からのエンドースメントコメント】
日本マイクロソフトは菱洋エレクトロ様のDaaS提供開始の発表を心より歓迎いたします。
労働人口減少に向けてファーストラインワーカーの業務効率化が求められている中で、中小企業の30%がDaaSでのデバイス調達を検討しております。本サービスが、セキュアで効率的なITインフラ調達の新たな選択肢となり、お客様のより良い職場づくりの一翼を担うことを期待しております。
(日本マイクロソフト株式会社 デバイスパートナー営業統括本部 執行役員 統括本部長 梅田 成二様)

【インテル様からのエンドースメントコメント】
インテルは、今回の菱洋エレクトロ様でのDaaSの提供開始を歓迎します。DaaSは、働き方改革の実現に必要なお客様の生産性向上や業務改善に向けた取り組みを支援するものです。インテルでは、今回の取り組みを通じて、オフィスや店舗での新しい体験を可能にする高度なソフトウェア、ハードウェア、プラットフォームテクノロジーについてコラボレーションできることを楽しみにしています。今後も、本サービスの利用により、職場環境の向上が図られることを期待しています。
(インテル株式会社 執行役員 パートナー事業本部  本部長 井田 晶也様)


菱洋エレクトロ株式会社について
半導体/デバイス事業とICT/ソリューション事業を手掛けるエレクトロニクス商社として、両事業を展開する強みを生かした IoT をキーワードにしたビジネスに注力しています。半導体・デバイス、ネットワーク、クラウドまたはオンプレミスサーバー、運用・保守までトータルにサポートできるサービスを構築し、幅広い産業分野のお客様に対してビジネス変革をサポートしています。

PR TIMES

「サポート」をもっと詳しく

「サポート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ