MADE IN TOKYO 町工場で生まれたアイロン不要の布用シールで世界進出 “ irodo(イロド)” OMOTENASHI Selection2019 金賞 受賞

12月4日(水)16時55分 PR TIMES

シール・ステッカー製品では、業界初受賞! 話題の文具女子博2019への出店も予定。

株式会社扶桑(本社:東京都葛飾区/代表取締役:富田暁)は、
自社が展開する『アイロンがいらない布用シール”irodo”(イロド)』で日本の優れた商品・サービスを発掘・認定し、国内外に発信するプログラム『OMOTENASHI Selection 2019』(主催:OMOTENASHI NIPPON、後援:日本郵便株式会社・全日空商事株式会社・日本通運株式会社他)において金賞を受賞しました。

https://omotenashinippon.jp/prize/selection/2019/1900-01-025/


irodoとは・・・


[画像1: https://prtimes.jp/i/31933/8/resize/d31933-8-598798-0.png ]



「irodo」は、“アイロン不要で様々な生地製品にこするだけでデコレーションを楽しめるシール“です。

ワンポイントだけでなく重ね貼りをして新しいデザインの組み合わせを発見する等、
“手軽に世界に一つだけのオリジナルアイテム作り”を楽しめます。


発売開始から1年で出荷総数7万枚/取扱店舗が300店舗を超えるなど
全国でイロドを使ったデコレーションを楽しんでいただいています。


海外市場においても台湾への輸出及び店舗展開をしており、受賞をきっかけに
新たな“日本発のデコレーション文化”を海外へ広めたいと思っています。

※2019年度受賞103対象(うち金賞28対象、特別賞全5部門7対象)


評価されたポイント( 外国人選定員 )



[画像2: https://prtimes.jp/i/31933/8/resize/d31933-8-287985-1.jpg ]


本コンテストの評価基準にある『日本らしさ』『世界に伝わる』『適正価格』の中で特に『世界に伝わる』部門で高い評価を受けました。

特別な道具を必要とせずコインでこするだけで、『誰でも手軽に様々な生地製品のデコレーションを楽しめる。』アイテムという点が文化を問わず世界で受け入れられる大きな理由の一つだと感じました。

※下記に審査を担当した外国人選定員のコメントを一部記載いたします。


・世界中の誰にでも簡単に日本らしい商品がつくれそうです。安全に楽しめて想像力も発揮できるところが素晴らしいです。 (USA/F)


・デザインがかわいいので日本の商品だとわかります。DIYぽくも見えて、伝統的な日本ではないけれど、『クールジャパン』という雰囲気です。 (USA/F)


・使いやすいし、安いので色々なものにカスタマイズできるのがいいですね。国内外で売れると思います。(France/M)


・革類や布地の製品に柄をつけるのがすごく面白く、人気になると思います。(Taiwan/M)


【波及効果・今後の展望】


本コンテストを通して、irodoが世界に伝わるプロダクト製品としての可能性を秘めていると実感いたしました。
2020年オリンピックイヤーに合わせて日本の伝統柄等を整備しながら、
irodoを世界に発信していきたいと思います。


【製品概要】


・ブランド名
irodo(イロド)ファブリックステッカー

・種類
シリーズ合計 全81種類

・サイズ/価格
No.1〜42 148×105mm ¥470(税別)

No.43〜81 74×105mm ¥360(税別)

・素材 / 厚さ
ポリウレタン

・使用できる生地素材 
綿・麻・革・化繊・合繊など。生地素材全般

・販売店
EC:Amazon
        
小売店:東急ハンズ、ロフト、オカダヤ等

・公式ホームページ
https://irodo.tokyo/

・Instagram
https://www.instagram.com/irodo.tokyo/


※本製品は、特殊転写シール技術を持つ扶桑が、デザイナーと共同開発し消費者向けに発売している試みです。・キッズデザイン賞 (子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門)/ 2017年度東京ビジネスデザインアワード最優秀賞/第54回DIY HOMESENTER SHOW 一般来場者人気投票 第一位を獲得。
[画像3: https://prtimes.jp/i/31933/8/resize/d31933-8-246951-8.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/31933/8/resize/d31933-8-985167-10.jpg ]




【おもてなしセレクションとは】



[画像5: https://prtimes.jp/i/31933/8/resize/d31933-8-668077-17.png ]


おもてなしセレクションは、受け手のことを思いやる心から生まれたこだわりの技、伝統を継承しながらも現代に向けて改良を重ねる創意工夫の活動など日本の魅力である“おもてなし”心あふれる商品・サービスを発掘・認定し、国内外に発信するプログラムです。

<おもてなしニッポンについて>

日本のおもてなしを世界のOMOTENASHIブランドへ

この言葉を合言葉に日本が世界に誇る“おもてなし”を実践する人や企業、その心から生まれる商品・サービスを発掘、継続的に国内外に発信していくプロジェクトです。「OMOTENASHI NIPPON」を通じ、日本国内外の方に、日本のおもてなしを入り口に、日本の商品・サービスの素晴らしさを広く知ってもらうことを活動の目的としています。


株式会社扶桑


扶桑は、1964年東京の下町、葛飾区で創業。半世紀に亘る経験により培った特殊転写技術を活かし、転写シールの開発・製造を専門に行ってきました。2016年には、葛飾区より特殊転写技術が認められ葛飾区の町工場から産み出される選りすぐりの製品・部品の”すごさ”を”未来を照らす技”葛飾ブランド「葛飾町工場(まちこうば)物語」認定製品として認定を受けました。

また、東京ビジネスデザインアワード2017において最優秀賞を受賞したことを きっかけに自社初のBtoC向けプロダクト製品“irodo”を開発し展開中です。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=XgRK45on44E ]



[画像6: https://prtimes.jp/i/31933/8/resize/d31933-8-637905-2.jpg ]

PR TIMES

「町工場」をもっと詳しく

「町工場」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ