大塚家具が3月末で手元資金枯渇も、新スポンサー確保が生命線

12月5日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

大塚家具がいよいよ窮地に陥っている。起死回生に必要なのは、売上高増に結び付くスポンサーだ。果たして見つけることができるのか Photo:kyodonews

写真を拡大


大塚家具が窮地に陥っている。数年前までは銀行借り入れもない強固なバランスシートが売りだったが、赤字垂れ流しが続き、資金ショートも視野に入ってきた。もはや単独での生き残りは困難で、新たなスポンサー探しに動き始めた。果たして救いの手を差し伸べる主は出てくるだろうか。(ダイヤモンド編集部 布施太郎)


赤字を垂れ流し資金繰りが危険水域に


「大塚家具の先行きは、かなり怪しくなってきた」──。企業再生を長く手掛けてきたある銀行の審査担当役員はこう分析する。


 11月14 日に発表した2019年第3四半期(1〜9月期)決算は惨憺たる結果となった。売上高は前年同期比23.2%減の210億0300万円。営業損益は29億1800万円の赤字(前年同期は48億6300万円の赤字)、純損益は30億6200万円の赤字(同30億5300万円の赤字)に沈んだ。売上高は5年連続の減収、営業赤字も6年連続となり、浮上の兆しはまったく見えない。


 確かに、一部店舗の閉店などで販管費が減り、営業赤字幅は縮小した。だが、同時に売上高も減少。「完全に負のスパイラルに陥っている」と先の役員は話す。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「大塚家具」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「大塚家具」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ