<令和の愛されるリーダーとは>カンファレンス全国ツアー 第7弾 札幌開催レポート【北海道の価値を最大限にいかし、愛をもって人財・ビジネスを育てる】社長と学生が集い中小企業の採用・後継者育成を応援

12月5日(木)10時45分 PR TIMES

【主催:社長チップス、メディアパートナー:Forbes JAPAN】「Charming Chairman's Club TOUR 2019 in 札幌(チャーミング・チェアマンズ・クラブ・ツアー)」

おやつエンタテイメント製造会社、株式会社ESSPRIDE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:西川 世一)は、「Forbes JAPAN」(リンクタイズ株式会社、取締役社長:角田勇太郎)をメディアパートナーに、後援に北海道新聞社(代表取締役社長:広瀬兼三)を迎え、2019年11月8日(金)、全国各地で行う社長と学生のカンファレンス 「Charming Chairman’s Club TOUR 2019(チャーミング・チェアマンズ・クラブ・ツアー2019)」 を札幌で開催しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-293083-4.png ]

カンファレンスではメインテーマである「令和の愛されるリーダーとは」を軸に、株式会社クリエイティブオフィスキューの伊藤亜由美社長が「ストーリーあるプロデュース〜北海道における人づくり・モノづくり・地域づくり〜」をテーマに講演。また、トークセッションでは「多様化する雇用の中で求められる組織と人づくり」や「地域活性化を見据えたビジネス展望とリーダーシップ」「学生が語る、求めるリーダー像」などのテーマのもと、北海道で活躍する社長や学生によるトークセッションが行われました。
トークセッションでは、社長のビジネスや人材教育に対する考え方の中に『自分が楽しむ』という共通点がありました。また現地に行って、自分の目で見て確かめることを重視するスタンスは人材育成においても同じで、一人ひとりの社員に愛情を持って向き合う姿勢が印象的でした。北海道ならではの価値を最大限にいかしながら、大自然のように愛情深い社長が学生に熱意をもってメッセージを伝えていた様子が印象深い札幌開催の様子をご報告します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-197573-12.png ]




Charming Chairman’s Club TOUR 2019とは

全国の中小企業の採用ブランディングや後継者育成に効果的な発信を社長に呼びかけ、社長の学び、ビジネスマッチング、学生との交流の機会を創出したいとの強い思いのもと「社長チップス」が企画しました。
カンファレンスとして社長や学生が参加し、各地域の社長によるプレゼンテーション、「令和の愛されるリーダーとは」 をテーマに掲げた時代を牽引するリーダーによる講演やトークセッション、懇親会などの内容で行うもので、7月に開催した東京・銀座のカンファレンスを皮切りに、福岡、仙台、福井、大阪、名古屋と続き、今回札幌の後も年内に広島、埼玉、沖縄、千葉、そして最後のファイナルを東京で展開。地域で活躍する社長を学生と繋ぎ、その地域で育ち学んだ地域に縁ある学生の積極的な採用 「地産地採(ちさんちさい)」を応援します。
またメディアパートナーとしてForbes JAPANを迎え、誌面掲載などを通して広くアプローチするとともに、エリアパートナーとして各地の新聞社を迎え、若い世代と社長同士の交流を促進することで地域活性化の実現を目指します。


Charming Chairman’s Club TOUR 2019 in 札幌 開催レポート

日時:2019年11月8日(金)16:30〜21:00
場所:さっぽろテレビ塔 すずらん・はまなすホール(北海道札幌市中央区大通西1丁目)
参加者:報道関係者、経営者、学生 約80名


主催者挨拶 株式会社ESSPRIDE 代表取締役CEO 西川世一


[画像3: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-306275-0.png ]

「僕たちは『Charming Chairman’s Club TOUR』と題し、全国を廻りながら魅力的な経営者を発掘、今回は札幌を訪れ、より多くの人に知っていただく取り組みを行っています。このTOURをはじめた経緯をお話ししますと、僕は会社を設立して15期目ですが、元々は父のダンボール紙器の会社の跡継ぎから始まりました。当時は現在のような事業を展開しているわけではなく、社員が1〜2名、パートが3〜4名の小規模な会社。優秀な若者は集まらないし、このまま経営していてもほとんどの人に知ってもらえないのではないかと感じていました。その時のもどかしい気持ちから、全国の中小企業の社長自身が熱い想いを届けられるサービスを生み出し貢献したい!と考えたのが『社長チップス』です。全国には多くの人に紹介したい素晴らしい会社、面白い会社があるのに、若者は知るチャンスがありません。僕たちはこのプロジェクトを通じて未来を創っていく若者に、魅力溢れる経営者をどんどん紹介したいと思っています。様々な地域で後継者不足による黒字廃業がたくさんある中で、このカンファレンスTOURを通して、社長と若い世代を繋げ、より多くの会社とその社長の声を多くの学生に伝え、少しでも課題解決に繋がるよう取り組んでいきたいと考えております。」


【Keynote】

テーマ 「ストーリーあるプロデュース〜北海道における人づくり・モノづくり・地域づくり〜」
株式会社クリエイティブオフィスキュー 代表取締役 伊藤亜由美 氏

[画像4: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-711528-1.png ]

「オフィスキューは1992年に私とタレントの鈴井貴之の2人で起業し、1996年に『水曜どうでしょう』という番組を通じて、大泉洋をはじめとした劇団であるTEAM NACSと出会いました。2000年頃から私がTEAM NACSのプロデュースを始め、学生演劇の延長だったものを会社として、マネージャーとタレントが相互に支えあうプロ集団を目指しました。
そして、2004年の10作目の舞台をきっかけに、エンターテイメントの中心となっている東京を知り、会社としてのレベルアップを図る目的で、東京の大手芸能事務所と業務提携を行い、初めての東京公演を実施しました。でもポリシーを持ってやろうと決めていました。『北海道のお客様を大切にすること』という点でいろいろと条件を出させていただいたんです。まずメンバーが北海道でやっているバラエティ番組はやめない、そして東京ではバラエティ番組をやらない、ということをお願いしました。あと、北海道のタレントとTEAM NACSに言わせてください、ということ。ちゃんとそれをブランドとして持たせてくださいと、最初の段階でお願いして、15年経ちますが、とてもいい関係で仕事をさせてもらっています。
東京で様々な学びをしていく中で、『北海道にきちんと根付いたコンテンツを作っていきたいな』、『こだわったものを作っていきたいな』と思った時、東京とは違う『一次産業』と『食』という北海道の素晴らしさに気づきました。
そして、次世代を担う子供たちに『北海道の生産者』の身近な声や想いを直接体感してもらう。家族で出かけ実体験してもらうという、『予算や人材があっても東京では作れない、北海道でなければできない番組を。』という想いを込めて番組を企画しました。
2012年には、その土地に生きている『人』が見え、『ものづくり』が見える、とにかくその土地とモノを愛している人たちがギュッと詰まったコンテンツを作りたいという想いで映画製作をしました。さらに、作品の中に北海道の価値を詰めこむため、企業や作家、生産者の方にも協力していただいて、映画の中に北海道の商品をたくさん出しました。商品を提供してくださった生産者さんは映画を宣伝してくださいましたし、そうやってお互いにPRをしてWIN-WINの関係で北海道を盛り上げていこう!というコンセプトでやりました。
我々は今後も『北海道の可能性』を、コンテンツを通して、タレントを通して、伝えていく役割だと思っていますし、続けていきたいと思っております。
若い世代の人たちは住んでいると気が付かないかもしれないけど、北海道って本当に素晴らしいところなんです。
素敵な経営者もいっぱいいますし、北海道のいいところ探しをいっぱいして、いっぱいビジネスチャンスをつかんでほしいです。」

※keynote、以下Talk Session全文は添付のpdfをご参照ください。


<Talk Session 1部> テーマ 「多様化する雇用の中で求められる組織と人づくり」


登壇者: 株式会社タフスコーポレーション 代表取締役社長 田村準也氏
株式会社山本忠信商店 常務執行役員 経営企画室長 池内幸介氏
マスコスモ合同会社 代表取締役社長 川口洋史氏
株式会社まちづくり観光デザインセンター 代表取締役社長 / 地域プロデューサー かとうけいこ氏(ナビゲーター)
[画像5: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-700266-5.png ]

札幌すすきのを中心に多数の飲食店を経営し、自ら現場へ行き『愛』を持ってスタッフを育成する田村社長、
豆類の加工製造企業で採用を担当する観点から、社長の右腕になるつもりで頑張れと学生を激励してくださった池内常務、持続可能なホタテ養殖に取り組み、従来の『背中を見て覚える』式ではなく正面から向きあう人材育成を行う川口社長の3人に、社員教育や関係構築など組織と人づくりにおいて重視していることをお話しいただきました。



<Talk Session 2部> テーマ 「学生が語る、求めるリーダー像」

登壇者: 北海道大学 法学部 4年 朝生樹さん
小樽商科大学 商学部 商学科 4年 八幡柚衣さん
株式会社まちづくり観光デザインセンター 代表取締役社長 / 地域プロデューサー かとうけいこ氏(ナビゲーター)

[画像6: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-118210-6.png ]

大学生として学生団体やプロジェクトリーダーを務める二人に、就職活動を経て、どんな社長や企業に魅力を感じるかや、若い力を必要としている社長が優秀な学生にアプローチするにはどんな働きかけや姿勢が求められているのか語っていただきました。


<Talk Session 3部> テーマ 「地域活性化を見据えたビジネス展望とリーダーシップ」


登壇者: 互信ホールディングス株式会社 代表取締役社長 平島誉久氏
株式会社エーデルワイスファーム 代表取締役社長 野崎創氏
株式会社プレミアム北海道 代表取締役 / 株式会社北海道チャイナワーク 代表取締役社長 張相律氏
株式会社まちづくり観光デザインセンター 代表取締役社長 / 地域プロデューサー かとうけいこ氏(ナビゲーター)
[画像7: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-881807-7.png ]

タクシー事業で『当たり前の』思いやりを徹底し、周りを巻き込むコミュニケーションを大事にしているという平島社長、ハム・ベーコンの製造工場を継承し経営する中、現地に行って人と話すことによるインプットを心がけているという野崎社長、観光事業と海外インバウンドのサポート事業で北海道の魅力を伝えて世の中に『幸せ』を拡げたいという張社長の3人に北海道の活性化を見据えたビジネス展望とリーダーとしてのコミュニケーションについてお話しいただきました。



<経済産業省 大臣官房 商務・サービスグループ参事官 佐々木啓介氏 激励のご祝辞>


Charming Chairman’s Club TOUR開催にあたり、経済産業省 大臣官房 商務・サービスグループ参事官 佐々木啓介氏から激励のお言葉をいただきましたのでご紹介します。
(2019年7月23日開催、第1回 Charming Chairman’s Club TOUR 2019東京・銀座カンファレンスにて)

[画像8: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-901835-3.jpg ]

社長のみなさんは肌で感じていることと思いますが、日本経済と企業活動を取り巻く環境は日々ものすごいスピードで大きく変わっています。現在は労働生産性向上が大きなテーマですが、アメリカでも日本でも、勢いのある新規上場企業と比べて既存上場企業の国全体の生産性向上への貢献が大きいことがわかっています。つまり既存企業であっても従来のやり方や考え方にとらわれずに挑戦する気持ちがあれば、まだまだ変化や成長ができるということです。例えばこれからの消費・経済を担う若者と意見を交わし、変化していくということは、企業経営者にとっては挑戦でもあるかもしれませんが重要なことです。企業経営者の方々が発信し、傾聴し、「世の中を大きく変えるんだ!」という若者のハートを捕まえて、大きく成長していただく。これが、令和の時代の新しい成長モデルなのではないかと、私は確信しております。
Charming Chairman’s Clubの取り組みは本当に素晴らしく、これからTOURとして全国で地域に密着した取り組みを行っていくことも大変意義深いです。やはり地域が元気にならないと日本も元気にならない、日本が元気でないと世界も元気になりません。地域の元気な、CharmingなCEOの方々にますますご活躍いただく、この取り組みを応援したいと思います。



今後の<Charming Chairman’s Club TOUR 2019>開催スケジュール


[画像9: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-301037-11.jpg ]

【沖縄】12月6日(金)16:00〜21:00 琉球新報ホール (沖縄県那覇市泉崎1丁目10番3号)
【千葉】12月9日(月)16:00〜21:00 船橋グランドホテル B1F 芙蓉の間 (千葉県船橋市本町7-11-1)
【東京FINAL】:12月13日(金)16:00〜21:00 恵比寿ガーデンルーム(東京都渋谷区恵比寿4-20)
※その他の詳細はCharming Chairman’s Club TOUR公式サイトにてお知らせさせていただきます。

<Charming Chairman’s Club TOUR 2019公式サイト>
http://charming-chairmans-club.com/tour2019/



Charming Chairman’s Club (チャーミング・チェアマンズ・クラブ) とは


[画像10: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-684834-9.png ]

激動の日本経済を支える、数多くの中小企業。そこには、必ず情熱に溢れた社長たちのストーリーがあります。Charming Chairman’s Club (CCC)は、全国47都道府県から魅力ある経営者を発掘し、事業の功績や人柄を広く世に伝えるとともに、イベントなどを通して社長同士、社長と未来を担う学生とのインタラクティブなコミュニケーションの場を創出し、更なる飛躍を応援しています。
今年4月10日に初開催したアワード “Charming Chairman’s Club CHAMPIONSHIP 2019” (チャーミング・チェアマンズ・クラブ・チャンピオンシップ 2019)では、全国の社長の中からチャーミングな社長No.1を大学生が選び、この社長と一緒に働きたいという観点でBEST100、FINALIST5、そしてCHAMPION社長が選出されました。<http://charming-chairmans-club.com/championship2019/>
来年2020年4月10日(金)には第2回のCHAMPIONSHIP開催が決定しています。



主催 「社長チップス」とは


[画像11: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-179077-10.jpg ]

「社長チップス」 は、全国の社長が所属する社長プロダクションを目指しています。社長をカード付きポテトチップスにしたり、社長の人柄や人生が伝わる詳細な情報をWEB掲載することにより社長のファンを増やす様々な取り組みを企画しています。「社長」×「ポテトチップス」という異色の組み合わせから注目を集め、これまでに500以上のメディアに登場。発売開始から約3年で400名以上の社長が参画しています。全国の社長を支援することによる地域経済活性化を目指し、社長や学生の交流会、イベントの開催、メディアコンテンツ制作など、社長のプレゼンテーションプラットフォームとしても様々なコンテンツを提供しています。
チップスの種類は2016年4月に発売した「汗と涙のCEO(塩)味」からはじまり、2019年2月「激辛人生スパイCEO(シーイーオー)味」、5月「このインパクトがクセになる 柚子こCEO(ゆずこしょう)味」と続き、9月に「B.LEAGUE 9CLUB 社長チップス〜バスケットにたいCEO抱け(大志を抱け)味〜」を発売しています。

社長チップス公式サイト http://shacho-chips.com/



会社概要


社名:株式会社ESSPRIDE(エスプライド)
所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目17-11
代表者:代表取締役CEO 西川 世一
設立年月日:2005年4月25日
資本金:77,500,000円
事業内容:おやつエンタテイメント製造業、社長プロダクション運営
HP:http://esspride.com/
[画像12: https://prtimes.jp/i/32768/64/resize/d32768-64-519541-8.jpg ]

PR TIMES

「令和」をもっと詳しく

「令和」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ