読書メーターの年間おすすめ本ランキング『読書メーター オブ・ザ・イヤー』を発表

12月7日(土)16時55分 PR TIMES

葉真中顕『Blue』(光文社)が総合ランキング1位を獲得

株式会社トリスタ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋場一郎)が運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」は、12月6日(金)に、本とコミックの情報誌「ダ・ヴィンチ」(発行: 株式会社KADOKAWA)の年末恒例『BOOK OF THE YEAR 2019』特集との連動企画、年間おすすめ本ランキング『読書メーター オブ・ザ・イヤー 2019』を発表、特設ページを公開しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/34150/16/resize/d34150-16-745955-0.png ]


●本好きが集う『読書メーター』で2019年最も話題になった作品は?

読書メーターは、雑誌「ダ・ヴィンチ」の年末恒例『BOOK OF THE YEAR 2019』特集との連動企画、『読書メーター OF THE YEAR 2019』を発表しました。

12月6日(金)発売『ダ・ヴィンチ』2020年1月号誌面には、『読書メーター OF THE YEAR 2019』総合ベスト10冊が読者のレビューとともに掲載され、読書メーター特設サイトでもあらすじとおすすめポイントをまとめて紹介。2019年は、特設サイト限定で『人気シリーズランキング』『その他 読み物ランキング』も公開しました。

読書メーターの年間おすすめ本ランキング『読書メーター OF THE YEAR』は、2019年10月までの1年間で読書メーターに投稿された累計246万2,818件の感想・レビューをもとに、同期間内に発売した本を対象として、読んだ本登録数やレビュー投稿数を集計し、最も注目を集めた10冊を選出。

原田マハの直木賞候補作品や、絵本好き読者の間で一大ブームになっているヨシタケシンスケの絵本などをおさえ、1位を獲得したのは、平成の時代を一気に駆け抜ける社会派サスペンス、葉真中顕『Blue』。令和最初の年間1位にふさわしい1冊です。
その他にも読書メーターのランキングならではの、読むべき30冊がそろっています。


●読書メーター OF THE YEAR 2019
【URL】https://bookmeter.com/specials/bookmeter_of_the_year/2019

★年間おすすめ本 総合ランキング

[画像2: https://prtimes.jp/i/34150/16/resize/d34150-16-854415-1.png ]



1位  『Blue』葉真中 顕(光文社)
2位  『14歳、明日の時間割』鈴木 るりか (小学館)
3位  『それしか ないわけ ないでしょう』ヨシタケ シンスケ (白泉社)
4位  『予言の島』澤村 伊智 (KADOKAWA)
5位 『むかしむかしあるところに、死体がありました。』青柳 碧人(双葉社)
6位 『水曜日の手紙』森沢 明夫(KADOKAWA)
7位 『スイート・マイホーム』神津 凛子 (講談社)
8位 『美しき愚かものたちのタブロー』原田 マハ (文藝春秋)
9位 『神さまを待っている』畑野 智美 (文藝春秋)
10位 『検事の信義』柚月 裕子 (KADOKAWA)


★その他 読み物ランキング
1位 『へんな西洋絵画』 山田 五郎(講談社)
2位 『まなの本棚』 芦田 愛菜(小学館)
3位 『THE LAST GIRLーイスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語— 』ナディア・ムラド(東洋館出版社)
4位 『発達障害グレーゾーン』 姫野 桂,OMgray事務局(扶桑社新書)
5位 『しびれる短歌』 東 直子,穂村 弘 (ちくまプリマー新書)
6位 『本屋の新井』新井 見枝香(講談社)
7位 『タコの心身問題——頭足類から考える意識の起源』ピーター・ゴドフリー=スミス(みすず書房)
8位 『南極ではたらく:かあちゃん、調理隊員になる』渡貫 淳子(平凡社)
9位 『辺境メシ ヤバそうだから食べてみた』高野 秀行(文藝春秋)
10位 『日本の同時代小説』斎藤 美奈子(岩波新書)


★人気シリーズランキング
1位 『カフェ マカン・マラン シリーズ』古内 一絵(中央公論新社)
2位 『東京バンドワゴン』小路 幸也(集英社)
3位 『神様のカルテ』夏川 草介(小学館文庫)
4位 『准教授・高槻彰良の推察』澤村 御影(角川文庫)
5位 『百鬼夜行 シリーズ』京極 夏彦(講談社・新潮社・KADOKAWA)
6位 『あきない世傳』高田郁(時代小説文庫)
7位 『高校事変』松岡 圭祐(角川文庫)
8位 『八咫烏 シリーズ』阿部 智里(文春文庫)
9位 『後宮の烏』白川 紺子(集英社オレンジ文庫)
10位 『W シリーズ』森 博嗣(講談タイガ)
※シリーズ本は期間内に発売された書籍を基準に集計・選出しています。

————

【読書メーターとは】
読んだ本・読みたい本など、状況に分けて書籍を登録、読書量をグラフで記録管理できるアプリ・webサイト。
読書習慣の維持、向上はもちろん買い忘れや二重買い防止などにも効果的。
さらに、日本最大級の書評・レビューサイトとして、本の感想・レビューやユーザーとの交流を通じて、読書の幅を広げ、読書をより一層楽しくするサービスです。

読書メーター
【URL】https://bookmeter.com/

PR TIMES

「読書」をもっと詳しく

「読書」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ