シングルはOfficial髭男dism 「Subtitle」が1位獲得!アルバムは桑田 佳祐『いつも何処かで』が1位!~レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2022年11月度発表~

2022年12月7日(水)15時16分 PR TIMES

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:板橋徹、以下レコチョク)は、ダウンロードランキングである「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2022年11月度」を発表しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/2747/1524/resize/d2747-1524-02f7bce63aa4f29a2683-0.jpg ]

「シングルランキング」ではOfficial髭男dism「Subtitle」が初の月間ランキング1位を獲得しました。「Subtitle」は、現在放送中のフジテレビ系木曜劇場『silent』主題歌として書き下ろされた楽曲です。
『silent』は主演の川口春奈が演じる主人公の青羽紬がかつて本気で愛した恋人である目黒蓮(Snow Man)演じる佐倉想と、音のない世界で“出会い直す”という、切なくも温かいラブストーリーで、放送毎にSNSでも話題を集めています。
10月12日(水)に配信リリースされた「Subtitle」も、ドラマの盛り上がりとともにレコチョクのシングルランキングも上昇し、11月2日(水)、9日(水)、23日(水)、30日(水)発表の週間ランキングでは1位を獲得。この勢いのまま、11月度の月間ランキングでは1位を獲得しました。
楽曲の歌詞がドラマのストーリーにリンクしているとSNSで話題になるなど、ドラマへの話題の高まりとともに、今後も「Subtitle」がランキング上位をキープしそうです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/2747/1524/resize/d2747-1524-044241b97d1ab0027281-1.jpg ]

「アルバムランキング」は、桑田 佳祐『いつも何処かで』が初の月間ランキング1位を獲得しました。
本作は2022年に入って発表した「平和の街」(SOMPOグループCMソング2022)、同級生のミュージシャンに声をかけて制作した「時代遅れのRock’n’Roll Band feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎」、そして本作品のために書き下ろした最新曲であり、自身も出演するユニクロ「ヒートテック」TVCMソングでもある「なぎさホテル」の新曲3曲をはじめ、“今、この時代に聴いて欲しい”楽曲を、桑田 佳祐自らこだわり抜いて厳選。それぞれの時代やそれぞれの場所で、“いつも何処かで”歌い続けてきた桑田 佳祐ソロ活動35年間の歩みを35曲に凝縮した2枚組ベストアルバムです。
2022年11月23日(水)にリリースされ、集計対象期間が1週間でありながら11月度の月間ランキングで1位を獲得しました。

【レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞】2022年11月度 (2022年12月1日発表)
■シングルランキング
1位:「Subtitle」Official髭男dism(2022年10月12日配信開始)
2位:「KICK BACK」米津玄師
3位:「祝福」YOASOBI
4位:「Higher Higher」KG9
5位:「Stardom」King Gnu
https://recochoku.jp/ranking/single/monthly/

■アルバムランキング
1位:『いつも何処かで』桑田 佳祐(2022年11月23日配信開始)
2位:『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』Ado
3位:『LANDER』LiSA
4位:『ユーミン万歳!〜松任谷由実50周年記念ベストアルバム〜』松任谷由実
5位:『E-SIDE 2』YOASOBI
https://recochoku.jp/ranking/album/monthly/

※1.シングルランキングとは、レコチョクで配信しているダウンロード(シングル、ハイレゾシングル)を合算した総合ランキングです。
※2.アルバムランキングとは、レコチョクで配信しているダウンロード(アルバム)を合算した総合ランキングです。
※レコチョクアワードとは、対象期間中の対象種別それぞれのダウンロード数を集計し、最も多くダウンロードされた楽曲を表彰するレコチョクオリジナルアワードです。

PR TIMES

「Official髭男dism」をもっと詳しく

「Official髭男dism」のニュース

「Official髭男dism」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ