車減税、最大年4500円…1千cc以下優遇へ

12月7日(金)18時25分 読売新聞

 政府・自民党は、車を持つ人が毎年納める「自動車税」について、最大で年4500円を減税する方向で最終調整に入った。全体の減税額は1300億円程度とする方向だ。13日にもまとめる2019年度与党税制改正大綱に盛り込む。

 今回の減税は、19年10月に消費税率を10%に引き上げることに伴う経済対策の一環。自民党は7日午後にも幹部による非公式会合を開き、詳細を詰める。

 自動車税は、排気量に応じて納税額が上がる仕組みになっている。今回の減税では、排気量が少ない車を中心に優遇する方向だ。

 具体的には、排気量1000cc以下の車の場合、税額は年2万9500円から2万5000円となり、4500円少なくなる。

 1000超〜1500cc以下では3万4500円から3万500円となり、減額幅は4000円となる。1500超〜2000cc以下では3万9500円から3万6000円と、3500円の減額。2000超〜2500cc以下では4万5000円から4万3500円に、1500円の減額。2500cc超の高級車は、一律1000円の減額とする。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「減税」をもっと詳しく

「減税」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ