業績不振パイオニア、香港投資ファンド子会社に

12月7日(金)21時0分 読売新聞

 業績不振のパイオニアは7日、香港の投資ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」の完全子会社になると発表した。ベアリングが総額1020億円で買収し、早ければ来年3月にもパイオニアは上場廃止となる。外資傘下で、主力のカーナビゲーション事業などの立て直しを図る。

 ベアリングはパイオニアに770億円を出資し、既存の株主からも約250億円で株式を買い取る。来年1月25日に開く臨時株主総会で正式に決定する。構造改革の一環として、国内外の全従業員の約15%に相当する約3000人を削減する。パイオニアの社名とブランドは当面残る見込みだ。

 パイオニアは今年9月、ベアリングから資金支援を受けることで基本合意したと発表したが、正式契約が遅れていた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「パイオニア」をもっと詳しく

「パイオニア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ